【トヨタシエンタ】のアクセサリー!おすすめの電源ソケットなど!

下取りは必ず一括査定サイトを
使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多いようです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り
会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、愛車を最高値で売却する
ことができるのです。

一括査定サイトを使えば、悩みを解決する
だけでなく、欲しかった「オプション品」
も追加で装備する費用に充てることも
できそうです。

・LEDランプパッケージ
・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ
・スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ
・スマートエントリーシステム などなど

車を買うとき、下取りに出すと
損をしますよ!!

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】のアクセサリー、おすすめの電源ソケット!!

トヨタシエンタ』ですが、アクセサリーを
使う際の電源は、どのように確保するのかに
ついておすすめの方法を調べました。

また、マツダ純正アクセサリーについても、
細かく調べました

ドライブレコーダーやレーダーなどを設置する
際の電源確保については、愛車と長く付き合っ
ていくためには知っておく必要があります。

これからの購入を検討している方のクルマ選び
の参考にして頂ければと考えます。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

今年の9月に「マイナーチェンジ」を行い、
更にカーライフを楽しんでいくための装備や、
安全性を向上する性能を展開しています。
大まかな内容は、以下のとおりです。

キャッチフレーズは『ふだんをアゲる』とし、
CMキャラクターに「渡辺直美」を起用。

※やるべきことを楽しいことへ
毎日に必要なクルマだからこそ、やるべきこと
を、楽しいことに変えていこう。
いつもの送り迎えこそ、ワクワクするものへ。
いつもの買い物こそ、ドキドキするものへ。

1)スムーズ機能で雨の日に、大きな荷物を
抱えていてもスーツと乗り込みやすい
2)高天井なので、小さなお子様なら車内で
パパツと着替えやすい
3)大開口ラゲージなので、大きな荷物も
ヒョイを積み込みしやすい
4)低床仕様なので、お子様もサツと乗り
降りしやすい

※シートバリエーション
新たに2列シート車“FUNBASE”が仲間入り!
3列と2列、どっちのシエンタでふだんを
アゲる?

※ギャラリー
デザインでも、乗り心地でも。
シエンタならどっちで選んでも間違いなし♪

※カラーバリエーション
TWO TONEも選べる、個性あふれるカラーバリ
エーション。さぁ、贅沢に悩んでください。

※運転のしやすさ
細い路地での運転や狭いパーキングでの駐車が
苦手…そんな声にこたえられるように、シエン
タは運転のしやすさにしっかり配慮しました。

1)コンパクトボディ・・・どこでもスイスイ
2)最小回転半径・・・小回り利いてラクラク
3)ワイドビュー・・・スッキリした前方視界
4)パノラミックビューモニター
・・・駐車時の頼もしい味方

※安全性能
毎日の運転を、安心して楽しんで欲しいから、
シエンタは安全性能にこだわりました。

『4つの安全機能で安心をサポート』

1)踏み間違えてもブレーキでサポート!
ガラスや壁などの静止物を検知して、衝突
被害の軽減に寄与
2)運転中のさまざまな状況でぶつからない
ようにサポート!
3)うっかり車線をはみ出しそうになった経
験はありませんか?はみ出さないをサポート
4)夜間の歩行者をいち早く見つけやすくする
夜間の見やすさをサポート!

≪車両沿革≫
・2003年9月29日 – 初代発売
キャッチフレーズは「瞬間・楽乗り・三列」

・2006年5月16日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「かわいいときを走るミニバン」
CMキャラクター:安田成美

・2011年5月19日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「大き過ぎないミニバン」
CMキャラクター:はいだしょうこ

・2015年7月9日 – フルモデルチェンジ
キャッチフレーズは
「HOW DO YOU USE TODAY? 今日をどう使う?」
CMキャラクター:
ハメス・ロドリゲス、滝川クリステル

・2018年9月11日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「ふだんをアゲる」
CMキャラクター:渡辺直美


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】のアクセサリー電源!

■ACC(アクセサリー)電源
車にETCやドライブレコーダーなどの電装品を
取り付ける場合、最も使用される電源に
ACC(アクセサリー)電源があります。

「アクセサリー」を直訳すると付属品や装飾品
という意味で、車の走行に直接影響のない電装
品、例えばラジオなどあまり電力を必要としな
いものをいいます。

ACC(アクセサリー)電源に接続されているので
エンジンを止めている状態でもラジオが聞ける
のです。

■ACC(アクセサリー)電源の仕組み
キーを回してエンジンを始動するタイプの車で
は、キーを挿す部分にACCやONなどの表示があ
り、キーを1段回してACCの位置にした時に
ACC(アクセサリー)電源に電気が流れる仕組み
になっています。

プッシュスタートボタンの車では、スタートス
イッチを1回押すことでACC(アクセサリー)電源
に通電されます。

いずれのタイプの車でも、キーをOFFにすると
ACC(アクセサリー)電源もオフになります。

時計など常に電源を必要とする電装品を
ACC(アクセサリー)電源に接続してしまうと、
キーを抜くたびにリセットされてしまうので
注意が必要です。

■ACC(アクセサリー)電源以外の利用可能な電源
ACC(アクセサリー)電源以外にも、車には複数
の電源が用意されていて、用途や消費電力に
応じて使い分けることができるようになって
います。

(1)常時電源
キーをOFFにしている状態でも常に電気が流れ
る電源で、時計やカーオーディオのメモリー、
ルームランプなどに使用されています。

「+B」,「BATTERY」,「BACKUP」などと表記。

(2)イグニッション電源
キーをONの位置にした時に電気が流れる電源で
エアコンなど車のエンジンが動いて発電されて
いる状態が前提となる消費電力の大きな電装品
が接続されています。

「IG」,「IGN」などと表記。

(3)イルミネーション電源
車のライトスイッチに連動している電源で、
カーオーディオの夜間照明などに利用されて
いる電源です。

「ILLUMI」,「ILLUMINATION」などと表記。

■ACC(アクセサリー)電源の取り方
電装品を取り付けるためには、どうしても車か
ら電源を取る必要があり、複数ある車両電源の
中からどうすればACC(アクセサリー)電源を
取ることができるのかを調べました。

(1)ヒューズボックス

【引用:https://ja.wikipedia.org/】

最も簡単で初心者向きなのが、ヒューズボック
スから電源を取る方法です。

車の配線には漏電やショートに備えてヒューズ
が接続されています。
重要な電源配線でもあるACC(アクセサリー)電
源ももちろんヒューズに繋がっていますので、
ヒューズボックスのACC、車種によっては
SOCKETやCIGAR、RADIOなどと書かれた場所に
あるヒューズからACC(アクセサリー)電源を
取ることができます。

(2)オーディオ配線
ACC(アクセサリー)電源の取り方としてヒュー
ズボックスと並んでメジャーな方法が、車のオ
ーディオ配線を使う方法です。

カーオーディオには時計やラジオ、夜間照明な
どの機能も付いていることが多いので、パネル
を外す手間はかかりますが、近くの配線から常
時電源やイルミネーション電源を取ることもで
きるメリットがあります。

(3)シガーソケット(アクセサリーソケット)
最近の車では、シガーライターではなく車内電
源用のアクセサリーソケットが付いていること
も多くなりましたが、シガーソケット(アクセ
サリーソケット)でもACC(アクセサリー)電源を
取ることが可能です。

但し、輸入車や古い車のシガーソケットには、
常時電源が接続されているものがありますので
注意が必要です。

ACC(アクセサリー)電源と思って電装品を接続
するとバッテリー上がりや電装品の思わぬ故障
の原因になりますので、シガーソケットから電
源を取る場合はどちらの電源が接続されている
かを必ず確認するようにしましょう。

(4)その他の車両配線
車のどこにACC(アクセサリー)電源が使われて
いるかが分かっていれば、車両配線から直接電
源を取ることも可能です。
使いたい電装品までの配線を短くできることが
メリットと言えます。

車のキーシリンダーやスタートスイッチは車両
電源のスイッチにも使われていますので、その
裏にある配線にもACC(アクセサリー)電源が
接続されています。

■ACC(アクセサリー)電源を電源分岐する方法
車のどこからACC(アクセサリー)電源を取り出
すことができるかが分かりましたので、実際に
ACC(アクセサリー)電源を分岐する方法につい
て調べました。

(1)ヒューズ電源による分岐
ヒューズボックスからACC(アクセサリー)電源
を分岐するためには、ヒューズ電源と呼ばれる
製品を使用します。

取り出す元となるヒューズには主に「平型」
「ミニ平型」「低背」の3種類があり、5A、
10Aなどヒューズの容量によって、それぞれに
適合する製品が決まりますので、取り付ける車
に合ったものを選ぶ必要があります。

取り付ける際も検電テスターなどで極性を調べ
て、ヒューズから配線が出ている方を、プラス
側(バッテリー側)に挿すようにします。

これは交換したヒューズ電源のヒューズが切れ
た場合でも、配線で分岐させた先にある電装品
が動かなくならないようにするためです。

(2)オーディオ配線から分岐
最近の車は、オーディオレスのグレードでも、
インパネまで、オーディオ配線が来ていること
が一般的です。
車両側のオーディオ配線のコネクターに、電源
取り出しコネクターを挿し込むことで、簡単に
ACC(アクセサリー)電源を分岐することができ
ます。

電源取り出しコネクターはメーカー別に形状の
違うものが販売されていてACC(アクセサリー)
電源だけでなく常時電源やイルミネーション
電源なども同時に分岐できるようになっていま
す。

(3)オーディオハーネスから分岐
車に社外品のカーナビやカーオーディオを装着
している場合は、オーディオ配線にオーディオ
ハーネスと呼ばれる変換コネクタが使用されて
ます。

オーディオハーネスにはあらかじめACC(アク
セサリー)電源の分岐用配線が付いているもの
が多く、そこから電源分岐することができま
す。

(4)Y型の接続端子で電源を分岐
分岐用の配線が無い場合でも、Y型の接続端子
をACC(アクセサリー)電源の配線にギボシで
接続することで同じように分岐させることが
できるようになります。

(5)シガーソケット(アクセサリーソケット)
から分岐
プラグタイプの電源取り出し配線を使うと、
シガーソケットに挿し込むだけで簡単にACC
(アクセサリー)電源を車内に分岐させることが
できます。

プラグ自体にスイッチが付いている製品もある
ので、キーON以外の任意のタイミングで取り付
けた電装品を動かしたい場合などに便利です。

(6)車両配線から直接分岐
エレクトロタップを使えば、配線の途中から直
接ACC(アクセサリー)電源を分岐することがで
きます。
ヒューズボックスや車両側のコネクターの場所
に制限されることがないので電装品までの配線
を短くでき、内装などに隠しやすくなるのがメ
リットです。

シガーソケット(アクセサリーソケット)用のプ
ラグを使うと、車内に配線が見えてしまいます
のでシガーソケット(アクセサリーソケット)の
裏にある配線にエレクトロタップを利用するこ
とで、配線を見えなくすることができます。

エレクトロタップを使用するときは、分岐させ
る配線がACC(アクセサリー)電源であるか十分
確認をして、取り付けたい電装品の消費電力に
合った太さの配線コードとエレクトロタップを
使用するようにします。

■ACC(アクセサリー)電源が分かれば、電装
DIYも怖くない!

ACC(アクセサリー)電源の用途やその他の車両
電源との違い、取り方や具体的な電源分岐方法
などを最初は誰でも難しく考えてしまいがちで
すが、仕組みが分かればDIYすることだって
可能です!

エンジンをかけなくてもONになり、キーを抜け
ばOFFになるACC(アクセサリー)電源は電装品の
電源として最も利用されることの多い便利な車
両電源です。

ACC(アクセサリー)電源の取り方は他の車両電
源にも応用できるので、今までショップなどに
取り付けを依頼していた電装品もDIYに挑戦し
てカーライフを楽しみましょう。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】のアクセサリーソケット!

USBや電源、充電器など人気のグッズや増設の
しかたを調べました!

(1)シガーソケット
シガーソケットとは、車内でタバコに火をつけ
る際に用いる“シガーライター”を加熱するた
めの電気機器です。

喫煙家の減少によってシガーライターはオプシ
ョン設定となり、シガーソケットだけが装備さ
れるようになりました。
現在ではアクセサリーソケットとも呼ばれてい
て、車内で利用する電気製品の電源として広く
利用されています。

アクセサリーソケットはセンターパネルだけで
なく、センターコンソール内や、ラゲージスペ
ースにも配置されてことがあります。
また、アクセサリーソケットを増設する商品や
USBを接続できる商品など様々なアイテムが
販売されていて、高い利便性が特徴です。

但し、世界的に規格化が統一されていないため
生産される国によってソケットの内径が異なる
ことがあり、輸入車で電子機器を使用する場合
は注意が必要です。

(2)シガーソケットの構造

【引用:https://autoc-one.jp/】

シガープラグの先端にある出っ張った部分が
プラス端子。
本体の横にあるリングのような部分がマイナス
端子となっています。

シガープラグにはヒューズのあるタイプと無い
タイプがあります。
ヒューズの有無は、プラス端子のヘッドの部分
を回転させて外せば確認できます。

また、切り替えスイッチが付いているタイプも
あります。
これはマイナス側の接触面のスプリング幅を調
整することができるのですが、なぜついている
のかというと、シガープラグの形状が規格化さ
れていないことによる、シガーソケットとの接
触を防ぐためです。
さらに、シガープラグが抜けてしまうことを、
防止する効果もあるようです。

他にも、プラス端子の先端がギザギザになって
いることがあります。
これも端子同士の接触する面を増やすことで、
接触不良を防ぐ対策の一つと言え、ドライブレ
コーダーのように万が一の時に作動していない
と意味がないことを防いでいます。

また、車種によってシガーソケットは常時電源
が通っていることもあり、このような車種の場
合、車から降りる際にはシガーソケットから
電気機器を取り外さないとバッテリー上がりの
原因となります。

(3)本来シガーソケットはタバコに火を付け
るための端子

シガーソケットは、元々タバコに火を付けるた
めのシガーライターとセットで装備されていま
した。
世界的な嫌煙・分煙運動の影響や喫煙家の減少
によって、最近シガーライター本体はオプショ
ン扱いとなり、シガーソケットだけが標準装備
されるようになった背景があります。

シガーライターの使い方は、シガーソケットに
装着したシガーライターを押すだけで、コイル
状に巻かれた電熱線に通電し、赤熱が完了する
と押し戻されます。
押し戻されたシガーライターを引き抜けば、
タバコなどに着火することができます。

シガーソケットとアクセサリーソケットは見た
目は同じですが、シガーソケットは耐熱仕様と
なっています。
耐熱仕様になっていないアクセサリーソケット
にシガーソケットを使用すると故障の原因とな
るので、注意が必要です。

シガーライターは様々な商品が販売されていま
すが、おすすめは、ふた付きのシガーソケット
に対応したコンパクトなヘッドが特徴のカーメ
イト、『シガーライター CZ302』です。

価格は960円。
全長が46mmとコンパクトなのが特徴で、純正シ
ガーライターのつまみの部分が20~26mmのもの
に使用可能。
対応車種は12Vの国産車専用となっています。

但し、耐熱仕様となっていないアクセサリーソ
ケットは使用できないので取扱説明書で確認し
てください。
耐熱仕様となっていないアクセサリーソケット
の場合は変更が必要となりますので、ディーラ
ーやカー用品店などで確認することをオススメ
します。

(4)シガーソケットは、電源として用いると
便利

【引用:https://autoc-one.jp/】

シガーソケットはタバコの火を付けるものとい
う、本来の用途では使われなくなりましたが、
シガーソケットから手軽に電源を取れることで
車内で電気製品を使用するときに非常に重宝し
ます。

シガーソケットの電気を利用できる製品として
より多くの電気製品を使用できる増設ソケット
や携帯電話やタブレットを充電するためのUSB
ケーブルを接続できる充電器などが挙げられま
す。
ライトや空気清浄機や車内を掃除するハンディ
ータイプの掃除機などでも利用可能です。

更にカーインバーターと呼ばれる変換器を使え
ば、家庭用の電気機器を使用することができ、
アウトドアや車中泊で非常に便利です。

しかし、このカーインバーターには最大出力が
機種によって決まっているので、その出力を超
える電気機器を使用することはできません。

車はバッテリーも搭載していますし、発電機も
装備した「走る蓄電池」とも言われています。
シガーソケットは電気を蓄えた蓄電池の車から
給電する設備の一つと言えます。

(5)シガーソケットを電源として使うときは
電圧に注意

※国産乗用車の対応電圧(V)は12V(ボルト)
シガーソケットに電気機器を接続する際には、
対応電圧の確認が必要です。

国産車の乗用車の場合は12Vであることが多い
ので、使用する電気製品の電源電圧が12V対応
であるかどうかを確認し、トラック用の24Vの
製品などは使用できませんので、商品を購入す
る際には注意が必要です。

(6)シガーソケット:コンセントとして使う

自動車のシガーソケットは、DC12Vの直流電流
です。

一方、家庭用の電気機器はAC100Vの交流電流仕
様のため、そのままでは使用することはできま
せん。
車内で家庭用電気機器を使用するためには、
DC12Vを、AC100Vの交流電流に変換するに必要
があり、その変換する機械がカーインバーター
です。

車載用のカーインバーターの定格出力が大きけ
れば、電気の使用量が大きな炊飯器なども使用
できます。

この定格出力の数字が大きいほど、同時に使え
る電気製品の数が増えるということになります
が、その分コスト(価格)は上がりますので、
使い方に合わせたカーインバーターを選ぶ必要
があります。

価格帯は200円から26万円と非常に幅広いので
すが、3000円くらいが目安でしょう。

■おすすめカーインバーター

【引用:https://autoc-one.jp/】

BESTEK カーインバーター 300W
シガーソケット 車載充電器
USB 2ポート ACコンセント 2口
DC12VをAC100Vに変換
MRI3010BU(バッテリー接続コードあり)

販売価格は3280円です。

BESTEKのインバーターは、欧米でベストセラー
となっている人気商品で、自動車バッテリーの
DC12V直流電流から、家庭用電気製品が使用可
能なAC100V交流電源に変換します。

MRI3010BUは定格消費電力300Wの電子機器に
給電可能で、USBポート2ポート、ACコンセント
2口を搭載し、幅広いニーズに応えられます。

本体素材はアルミ製で、タフな見た目も特徴
です。
サイズは幅120mm×奥行き78mm×高さ46mm、
本体重量は約450gと軽量です。
接続コードの長さは約800mmもあるので、車内
のどの場所でも使うことができます。

出力オーバー保護、出力ショート保護、異常温
度保護など6つの保護機能によって製品と使用
する電気機器を保護してくれます。

(7)シガーソケット:USBタイプの充電口
(チャージャー)として使う

iPhoneをはじめとしたスマートフォンやタブレ
ット、音楽機器などの充電にもシガーソケット
は利用できます。

充電ケーブルとUSBポートのついたシガーソケ
ットチャージャーを用意すれば、バッテリー残
量を気にすることなく、デジタル機器を使用で
き車内で楽しく過ごすことができます。

USBポートのついたシガーソケットチャージャ
ーの価格は700円~2000円が目安です。

最近ではUSBポートだけでなく、新しい規格の
USBタイプCポートを搭載したモデルも用意され
ていて、様々な電子機器に対応しています。
最近のカーオーディオは自分のスマートフォン
やデジタル音楽機器をブルートゥースなどで
接続して聞くことが増えています。

CDなどのソースが必要なくなった反面、スマー
トフォンやデジタル音楽機器を使用するため、
電源の確保が必要となりました。
ケーブルを接続してシガーソケットから電気を
供給できれば、バッテリー切れを気にせずに
楽しく車で音楽をたのしむことができます。

■シガーソケットで電子機器を充電する早さ
シガーソケットチャージャーを使用してスマー
トフォンをフル充電するには2時間程度かかり
ます。
これは1.2Aで行った場合で2.4Aの急速充電を
使用すれば、充電時間は短縮されます。

その理由は、シガーソケットチャージャーの
アンペア(A)が大きくなり、大きな電流を
流すことができるからです。
最近ではUSBポートが装備された車が増えて
いますが、このUSBポートは音楽の転送用と
して使う事を目的としていたので、1Aが
中心でした。

現在は2AのUSBポートを装備した車も増えてお
り、スマートフォンやタブレットの充電時間も
短縮されます。
シガーソケットチャージャーを購入する際には
ポートの数も大切ですが、何アンペアまで使用
できるのかも重要なポイントです。

■スマホやタブレットの充電が遅いとき
シガーソケットチャージャーを使用してスマー
トフォンやタブレットなどの充電が遅い場合は
まずチャージャー本体に書いてあるUSBポート
のアンペアを確認してください。

もし、USBポートが2つあり、1.2Aと2.4Aと書い
てある場合は2.4Aに差した方が速く充電が完了
します。
1.2Aしかない場合はスマートフォンの電源を
切ることをおすすめします。

シガーソケットチャージャーの中には接続した
製品に最適な電流を自動的に流すタイプも販売
されています。
このような商品であれば、差し込み口のアンペ
アを気にすることなく快適に使用することが
できるので、非常に便利です。

■スマホやタブレットは何台充電可能か
シガーソケットから電気を取ることのできるシ
ガーライターチャージャーは2つの電気製品を
使用できる2ポートが主流です。

続いて1ポートの商品が多く、最も多く接続で
きるのは4ポートとなっています。
出力電流の大きさによって充電できる台数、
時間が変わってきます。

大きさも2ポートまではシガーソケットからそ
れほど出ませんが、4ポートになると本体が
大きくなり、スペースの確保が重要です。
最近では充電方式の異なるiPhoneやアンドロ
イドを専用ICが自動で判別し、接続された機器
に最適なアンペアで充電する機能もあります。

この仕様のシガーライターチャージャーならば
どのポートにどんな機種を接続しても自動で
急速充電が可能です。

■iPhoneを充電するなら、MFi付のシガーソ
ケットチャージャーがおすすめ
MFiとは「Made For iPhone/iPad/iPod」の
意味で、iPhoneなどの機器向けに作られた
商品であることを証明している表記です。

MFi付きの商品には、ケーブルやシガーライタ
ーチャージャーなどがあり、このMFi認証が表
記された商品は、iPhoneなどを販売している
アップルが用意した認証プログラムによって
認められもので、それを証明するのが、MFi認
証表記となります。

元々MFiプログラムはipodなどオーディオアク
セサリーをサードバーティが製造できるよう
に用意されたプログラムで、この認証プログラ
ムに参加している事業者はアクセサリーを製造
するための必要なハードウェアコネクターや構
成部品を利用できるほか、資料の閲覧やテクニ
カルサポートを受けられるので、高い品質の製
品を作ることができます。

MFi認証を通っていない商品だと、OSをアップ
デートしたりすると突然使えなくなる可能性が
高いと言われていますので、長く使用するシガ
ーソケットチャージャーやケーブルは、MFiで
認証を受けた製品を購入したほうが、後々後悔
する可能性は低いです。
MFi認証を受けているかどうかは商品のパッケ
ージに明記されていますので、購入する時には
確認することをオススメします。

■おすすめシガーライターチャージャー

【引用:https://autoc-one.jp/】

Anker PowerDrive 2  a2310012
(24W/4.8A 2ポート USBカーチャージャー)
iPhone、Android、IQOS対応 (ブラック)

販売価格は999円です。

Anker PowerDrive2は業界最小クラスの大きさ
ながら2つのポートを搭載。
Anker独自のパワーIQとボルテージブースト機
能によって、どんな電子機器でもスピード充電
が可能です。
1ポート最大2.4A、24Wの出力が可能なので、
iPadの2台同時充電も行えます。

また、Ankerの多重保護システムによって温度
管理などの優れた機能を搭載しているので、
万が一の時も電気機器は保護されているので
安心なのが特徴です。
本体色は黒と白の2色を用意しており、シガー
ソケットチャージャー単品でも販売されていま
すが、0.9mのマイクロUSBケーブルのセット販
売もされています。

■100円ショップでも購入できる
シガーソケットチャージャーは、カー用品店や
インターネットだけでなく、100円ショップで
も購入することができます。

100円ショップのダイソーでは、
『USB充電シガープラグ』という商品名で
1Aのタイプが100円。
急速充電対応の2.1Aのタイプならば300円で
購入することができます。

販売しているのはシガープラグだけなので、
ケーブルは別途購入しないと使用できません。
万が一、スマートフォンやタブレットの充電を
忘れた場合は100円ショップでシガーケットチ
ャージャーとケーブルを購入すれば、電池切れ
という最悪の事態は回避できます。

なお、こういった商品はMFi認証された商品で
ないことがあり、OSなどによっては使用できな
いということもありますので、対応機種の確認
は忘れずに行いましょう。

(8)シガーソケットはドラレコ用の電源にも
使用可能

ドライブレコーダーは万が一事故に遭った場合
事故の瞬間の走行映像を記録します。
シガーソケットはこのドライブレコーダーの
電源としても利用できます。

ドライブレコーダー本来の機能は急発進や急加
速を察知すると映像を録画する機械です。
しかし最近ではカメラとしてドライブの思い出
のシーンを録画したり、車載カメラとして使用
できるモデルも登場しています。

ドライブレコーダーは画質やフレームレートと
呼ばれる1秒間に撮影されるコマ数やGPS機能
の有無などによって性能が変わり、金額が高く
なります。

ドライブレコーダーの価格の目安は
3000円~5万円。
なかにはモニターが装着されたタイプの製品も
あり、人気の高い商品はフルハイビジョン画質
の1920×1080のもので、GPSやGセンサーを内蔵
したタイプとなっています。

(9)シガーソケットを増設する方法

■増設機器をソケットに差し込む方法
シガーソケットは一つしかないけれども、ドラ
イブレコーダーも使いたいし、携帯電話も充電
したいなど、たくさんの電気機器を使用したい
場合は、ソケット分配機があります。

ソケット分配器はカー用品店やインターネット
で購入可能で、ソケットが2口から4口まで増
設できるタイプが主流です。
ソケット分配機をシガーソケットに挿入するだ
けで電気機器は増設可能となります。

最近ではシガーソケットの増設だけでなく、
USBポートも内蔵した分配器が販売されており
最大7台の電気機器を接続することができます
ので、ドライブレコーダーや携帯の充電器、
空気清浄機やライトなどを同時に使用すること
ができます。

車内という限られた空間の中で電源を確保する
のは非常に至難の業ですが、このソケット分配
機を使えば、簡単に電源を確保できてしまい、
難しい設定なども必要なく、シガーソケットに
差すだけで使うことができます。

■おすすめシガーライター増設グッズ

【引用:https://autoc-one.jp/】

Te-Rich シガーソケット
usb 車載充電器 ソケット
3連 4USBポート 最大6.8A/5V 急速充電
12V/24V車対応 LED付 オート電圧測定
スマート識別 12か月保証

本体価格は1880円です。

この分配機はシガーソケット3個、USBは
4ポートの増設が可能で合計7台の電子機器を
接続できます。

USBポートのうち2つは急速充電にも対応して
おり、スマートチップ搭載で使用するデバイス
を識別して最適な電流を供給します。

サイズは110mm×37mm×190mm。
重さは180gとコンパクトです。

ケーブルは1メートルの長さがあり、リア
シートでも使用可能です。

過充電や過負荷を防ぐ回路デザインを採用。
LEDディスプレイ付きのため、いつでも電圧の
チェックができるのもポイントです。

iPhoneはもちろん多くのアンドロイドにも
対応しており、この商品は乗用車の12Vだけ
でなく、24Vのトラックにも対応しています。

■ヒューズボックスに新しいシガーソケットを
取り付ける
ヒューズボックスとは、クルマに搭載されてい
る電気製品の電源が集まっている場所です。

ここにフリータイプのヒューズ電源を使用すれ
ば電源として使用できます。
使い方は取り出したい電気が流れている純正の
ヒューズと差し替えるだけで、簡単に電源を
取り出すことができます。

その際、必ずアースを取り付けることを忘れず
におこなってください。
アースを取り付けないと車が帯電してしまい、
車を触った時にビリッとしたり、搭載されてい
る電子機器が誤作動を起こすこともあります。

シガーソケットは10Aもあれば十分なので、
使用していない10Aのヒューズを差し替えれば
OKです。

(10)多彩な用途があるシガーソケット
昨今のシガーソケットは、本来のタバコに火を
付けるという役割はほとんどなくなりました。

しかしデジタル機器をはじめ、車内での電気製
品への電力供給という新しい役割を担っていま
す。
そのため、キャンプなどのアウトドアや車中泊
での電源として重宝します。

また万が一の停電の時でもクルマにガソリンが
入っていて、エンジンが始動できれば発電機と
しても利用できます。

現在では携帯電話やスマートフォンはなくては
ならないアイテムとなっています。
しかしバッテリーがなくなってしまうと使い物
になりません。
電気は空気や水と同じようにあることが当たり
前のようになっていますが、無くなったときの
ダメージはかなりのものとなります。

バッテリー切れを防ぐためにも手軽に電源を確
保できるシガーソケットチャージャーやカーイ
ンバーターを用意しておくと非常に便利です。
許容範囲以上の電気機器を使用するとトラブル
の原因となるので、注意が必要です。

■充電用USB端子
(2個/センターロアパネル)
スマホなどの充電に便利。

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

スマートフォンやタブレットの充電ができるよ
うにセンターコンソール中央部のパネルに、
USB端子を2個設定しています。

DC5V/2.1A(消費電力10.5W)の電源として
ご使用ください。

■アクセサリーコンセント
(AC100V・1500W/2個)
家庭用と同じAC100Vのコンセント。

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

家庭用と同じコンセント(AC100V・1500W)を、
車内2カ所に設置。
パソコンなどの電気製品に対応し、走行中も使
用することができます。
また、停電などの非常時にも活用できる非常時
給電システムを設定しています。

※G、FUNBASE Gのハイブリッド車にメーカーオ
プション、合計1500W以下の電気製品をご使用
ください。ただし、1500W以下の電気製品でも
正常に作動しない場合がありますので、詳しく
は販売店におたずねください。

製品によっては正常に作動しない場合やご注意
いただきたい項目があります。
ご使用になる前に必ず製品の取扱説明書をご覧
ください。
一部地域では駐車または停車中にエンジンを始
動させた場合、条例に触れるおそれがあります
のでご注意ください。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

【トヨタシエンタ】のアクセサリーのおすすめ!!

■デザイン ・スタイル
(1)ガーニッシュセット(ブロンズメタル)
(設定1~4)
99,000円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(2)フロントサイドガーニッシュ
(設定1~4)
24,000円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(3)サイドガーニッシュ
30,000円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(4)リヤガーニッシュ
(設定1~4)
45,000円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(5)リヤスポイラー
30,000円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(6)サイドウインドゥモール
(ダークスモークメッキ調)
30,000円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

・サイドミラーチャーム
・ドアミラーカバー(ブラック)
・LEDフォグランプ(設定1~4)
・グレードエンブレム
・リヤバンパーステップガード
・LEDサイドライト(ナンバーフレーム付)
(設定1~4)
・バンパープロテクター
・プロテクションフィルム(ドアハンドル)
・レインクリアリングブルーミラー
・ナンバーフレーム(デラックス)
(フロント、リヤ)
・ナンバーフレーム(ベーシック)
(フロント、リヤ)
・字光式ナンバープレート用ブラケット
(リヤ)
・サイドバイザー(RVワイドタイプ)
・ドアエッジプロテクター(樹脂製)

■室内・インテリア
(1)FUNBASEセット
83,000円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(2)インテリアイルミネーション
(2モードタイプ)
15,000円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(3)LEDバルブセット
14,000円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(4)ラゲージルームランプ
10,000円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

・ユーティリティフック
・ラゲージユーティリティセット
・システムバーセット
・システムバー
・ラゲージマルチネットセット
・ラゲージマルチネット
・ラゲージアッパーボードセット
・ラゲージアッパーボード
・ラゲージアッパーボックスセット
・ラゲージアッパーボックス
・フロアマット(デラックスタイプ・2列用)
・ラゲージボード
・ラゲージトレイ
・ラゲージソフトトレイ
・トノカバー
・ロングラゲージマット
・ラゲージソフトボックス
・ラゲージネット(3列シート用)
・フロアマット(デラックスタイプ)
(3列用・車いす仕様車用)
・革調シートカバー(1・2列目用)
・革調シートカバー(3列目用)
・インテリアパネル
(ウッド調メーターフード)
・インテリアパネル(インパネガーニッシュ)
・インテリアパネル(スイッチベース)
・インテリアパネル(センタークラスター)
・安心ドライブパッケージ
・アシストグリップ(シンプルタイプ)
・回転クッション
・同乗者サポートパッケージ
・同乗者サポートプラスステップパッケージ
・アシストグリップ(ヘッドレスト取付
タイプ)
・アシストグリップ(つり革タイプ)
・ステップ(170mmタイプ)
・運転者サポートパッケージ
・シートベルトパッド
・バックドアストラップ
・ランバーサポートクッション(汎用タイプ)
・コンフォートクッション
・サイドサポートパッド(汎用タイプ)
・ヘッドサポートクッション
・アシストグリップ(サードシート
乗降用)
・杖ホルダー
・携帯トイレ(簡易セット)
・IR(赤外線)カットフィルム
(リヤサイド・バックガラス)(クリア)
・IR(赤外線)カットフィルム
(リヤサイド・バックガラス)(スモーク)
・室内カーテン
・ダンパー付室内カーテン
・コンソールボックス
・大型アームレスト
・リヤアシストグリップ(左側用)
・リヤアシストグリップ(右側用)
・クリーンボックス
・フロアマット(ベーシックタイプ)
(2列用)
・フロアマット(ベーシックタイプ)
(3列用・車いす仕様車用)
・フルシートカバー(撥水)(1・2列目用)
・フルシートカバー(撥水)(3列目用)
・シートエプロン
・灰皿(フロント用)
・車載防災セット
・スノー・レジャー用フロアマット
(縁高タイプ)(運転席・助手席)

■安全装備
(1)電子インナーミラー
55,000円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(2)ダンパー付電子インナーミラー
67,600円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(3)乗降中表示器
21,700円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(4)ダンパー付乗降中表示器
34,300円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

■快適装備
(1)ウェルカムライト(運転席・助手席)
(設定1~2)
24,000円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(2)プラズマクラスター搭載LEDルームランプ
17,400円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(3)アロマブライト(スターターキット)
2,800円(税別)

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

愛車をオプションパーツで飾って、素敵な
カーライフを楽しみましょう。

トヨタシエンタ」の購入を
検討中の方への一助になれば幸甚です。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

シエンタが値引き後価格から、
更に50万円安くなる方法とは?

「シエンタは、予算が足りない…」
「値引きで、何とか安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒だし…」
「新車をもっとお得に最安値でほしい…」
「ディーラーからの連絡は面倒だし…」

など、トヨタ・シエンタの購入を検討して
いるけど悩んでいませんか?

トヨタは値引きをほとんどして貰えません。

さらにシエンタは、コンパクトミニバンに
おいてトップクラス。
なかなか価格は安くなりそうにありません。

非常に多くのかたが、家族や友人に相談して
もまともに相手もしてもらえず、また聞いて
もらったところで、大した情報がなく欲しい
車に手が届かないと悩んでおられます。

そんな方にオススメの『裏技』をご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを
使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多いようです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り
会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、愛車を最高値で売却する
ことができるのです。

一括査定サイトを使えば、悩みを解決する
だけでなく、欲しかった「オプション品」
も追加で装備する費用に充てることも
できそうです。

・LEDランプパッケージ
・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ
・スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ
・スマートエントリーシステム などなど

車を買うとき、下取りに出すと
損をしますよ!!

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする