【トヨタシエンタ】の後部座席、荷室容量!車中泊の方法などを紹介!

下取りは必ず一括査定サイトを
使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多いようです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り
会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、愛車を最高値で売却する
ことができるのです。

一括査定サイトを使えば、悩みを解決する
だけでなく、欲しかった「オプション品」
も追加で装備する費用に充てることも
できそうです。

・LEDランプパッケージ
・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ
・スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ
・スマートエントリーシステム などなど

車を買うとき、下取りに出すと
損をしますよ!!

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】の後部座席や荷室容量と車中泊の方法紹介!

トヨタシエンタ』ですが、後部座席や
荷室容量を把握して、その利用方法と車中泊の
可否と純正オプション品を使って快適に行う
ための情報を調べました。

後部座席の組合せは一長一短がありますので、
じっくりと内容を、踏まえて選ぶ必要がありま
す。

これからの購入を検討している方のクルマ選び
の参考にして頂ければと考えます。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

今年の9月に「マイナーチェンジ」を行い、
更にカーライフを楽しんでいくための装備や、
安全性を向上する性能を展開しています。
大まかな内容は、以下のとおりです。

キャッチフレーズは『ふだんをアゲる』とし、
CMキャラクターに「渡辺直美」を起用。

※やるべきことを楽しいことへ
毎日に必要なクルマだからこそ、やるべきこと
を、楽しいことに変えていこう。
いつもの送り迎えこそ、ワクワクするものへ。
いつもの買い物こそ、ドキドキするものへ。

1)スムーズ機能で雨の日に、大きな荷物を
抱えていてもスーツと乗り込みやすい
2)高天井なので、小さなお子様なら車内で
パパツと着替えやすい
3)大開口ラゲージなので、大きな荷物も
ヒョイを積み込みしやすい
4)低床仕様なので、お子様もサツと乗り
降りしやすい

※シートバリエーション
新たに2列シート車“FUNBASE”が仲間入り!
3列と2列、どっちのシエンタでふだんを
アゲる?

※ギャラリー
デザインでも、乗り心地でも。
シエンタならどっちで選んでも間違いなし♪

※カラーバリエーション
TWO TONEも選べる、個性あふれるカラーバリ
エーション。さぁ、贅沢に悩んでください。

※運転のしやすさ
細い路地での運転や狭いパーキングでの駐車が
苦手…そんな声にこたえられるように、シエン
タは運転のしやすさにしっかり配慮しました。

1)コンパクトボディ・・・どこでもスイスイ
2)最小回転半径・・・小回り利いてラクラク
3)ワイドビュー・・・スッキリした前方視界
4)パノラミックビューモニター
・・・駐車時の頼もしい味方

※安全性能
毎日の運転を、安心して楽しんで欲しいから、
シエンタは安全性能にこだわりました。

『4つの安全機能で安心をサポート』

1)踏み間違えてもブレーキでサポート!
ガラスや壁などの静止物を検知して、衝突
被害の軽減に寄与
2)運転中のさまざまな状況でぶつからない
ようにサポート!
3)うっかり車線をはみ出しそうになった経
験はありませんか?はみ出さないをサポート
4)夜間の歩行者をいち早く見つけやすくする
夜間の見やすさをサポート!

≪車両沿革≫
・2003年9月29日 – 初代発売
キャッチフレーズは「瞬間・楽乗り・三列」

・2006年5月16日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「かわいいときを走るミニバン」
CMキャラクター:安田成美

・2011年5月19日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「大き過ぎないミニバン」
CMキャラクター:はいだしょうこ

・2015年7月9日 – フルモデルチェンジ
キャッチフレーズは
「HOW DO YOU USE TODAY? 今日をどう使う?」
CMキャラクター:
ハメス・ロドリゲス、滝川クリステル

・2018年9月11日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「ふだんをアゲる」
CMキャラクター:渡辺直美


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】の後部座席!

2019年9月11日にシエンタが、3年ぶりに
マイナーチェンジを行い、7人乗りが定番の
シエンタに5人乗りが登場しました。

「シエンタ ファンベース(FUNBASE)」

今回のマイナーチェンジでは、フロントグリル
や内装、ツートンカラーの登場や安全性能の充
実を行って、派手さを抑えて、少し年齢層が高
い方々をターゲットにしているようなマイナー
チェンジとなっています。

さらに7人乗りが最大の売りだったシエンタに
「5人乗り」が登場しました。

シエンタの5人乗りは、以下の問題を解決する
ための仕様と思われます。

1)シエンタの大きさがちょうど良いが、5人
  以上乗ることはない。
2)7人乗りを買ったが、全く3列目を使った
  ことがない。
3)シエンタはお気に入りだが、車中泊しやす
  くして欲しい。
4)ミニバンは大きすぎ、乗用車では大きなも
  のが積めない。
5)荷室の空間をもっとアウトドアで利用した
  い。

■シエンタ5人乗りで車中泊もラクラク!
普段は、5人以上乗ることがなく、荷物を運ぶ
ことが多かったり、子供の送り迎えで自転車を
積まないといけないとか、商売道具を常に積ん
で置きたいとか、7・8人乗りのミニバンまで
の大きさは運転がしにくいとか、適度な大きさ
のクルマをアウトドアで活用したい、という方
には「丁度いい!」って感じで求められている
のではないでしょうか。

「車中泊」はさまざまな場面で使えます。

・災害時の緊急時の睡眠場所
・遠くにお出かけした時に夜遅くなった時の
 睡眠場所
・ホテルは高いから車で1泊
・テントの代わりに車中泊
・夫婦喧嘩したから車中泊、などなど!

最近の災害ではボランティアが大活躍していま
す。
ボランティアは自己解決ができないと参加でき
ませんので、最も大事な宿泊先を確保する意味
でも、今回のシエンタ5人乗りの登場で車中泊
に最適なメリットを活用される方も多くいるよ
うです。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

マイナーチェンジしたシエンタの5人乗りでは
3列目シートがなくなった分、よりフラットに
なり、足を伸ばして寝れるようになりました。

また、車中泊のために色々な荷物も持ち運びで
きるように、荷室を自在にカスタマイズできる
仕掛けが用意されています。

このユーティリティフックが様々なラゲージス
ペースのアレンジを可能にしてくれます。

テーブルを作ったり、荷物ラックを作ったり、
荷物の仕切りになったり、荷物の飛び出しを
防いでくれたりと、用途にあった使い方が可能
となっています。

(1)ユーティリティフック

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

荷室をカスタマイズするための基本アイテム
2個 3,780円

(2)システムバー

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

荷室を仕切る役割と荷物を固定する役割。
1本 5,940円

(3)ラゲージマルチネット

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

荷物の固定や荷崩れ防止。
8,640円

(4)ラゲージアッパーボード

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

荷室を上下に仕切って多くの荷物を整理可能。
12,960円

(5)ラゲージアッパーボックス

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

テーブルでなく深さのある収納ボックス。
後ろの座席からも出し入れ可能。
12,960円

それぞれの状況に合わせて、簡単にアレンジ
できるので、利用価値は大きいようです。

■シエンタ5人乗りの内装や後部座席について
(内装)
シエンタ5人乗りのファンベースの内装は、
通常のシエンタとほとんど変わりません。
マイナーチェンジ前と比べても大きな変更は
無い感じです。

(収納)
運転席や助手席の収納は変化なし。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

(ユーティリティ)
USB接続端子が2つも標準でついていた事と、
1500Wの電源が使えるのは便利です。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

また、ハイブリッド車のオプションには
100Vの電源を付けることができます。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

しかし、この電源とLEDヘッドランプは同時に
装着ができないので、LEDヘッドランプが標準
で装備されている「CREO」には1500W
電源は付けることができません。

アウトドアや災害時に活躍するこの電源は、
CREO以外でLEDランプを付けなくて良い方だけ
が装着できます。

(荷室)
3列目がないので、使い勝手良くなるような
工夫がされています。

7人乗りは3列目を収納したときに荷室は、
けっこう凸凹していて、フラットにするには
オプションのボードを付けないといけなかった
りしていましたが、ファンベースは標準でフラ
ットになっています。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

全面をフラットにするために10cmほどかさ
上げしているようになっていますが、フラット
になっているということは凄く使い勝手がよく
なってます。

荷室をフラットにしているボードは大きく3つ
に別れています。
2列目シートのすぐ後ろにはパンク修理キット
が格納している部分がボードの下になっていま
す。

その手前に2つに別れたボードが敷いてあり、
その下には大型の収納エリアがあります。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

見た目以上の深さもあり、収納力は高いようで
す。
また、このボードはひっくり返すことが出来て
かさ上げされた高さ分だけ低くなり収納空間を
広くすることが可能です。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

少し高さのある荷物などを積み込むときなどで
は活躍しそうです。

このように5人乗りファンベースでは通常の
荷室に加えて、様々な工夫が施されており、
荷物を積むだけでない利用者にあったアレンジ
ができる車になっています。

■シエンタ5人乗りの後部座席
後部座席は、7人乗りのときは、3列目がかな
り狭いため短い距離、時間での利用に限られた
感があり、実際には2列目までを乗車スペース
とした利用で、3列目以降は荷物置きとしての
使い方が多かったようです。

今回のマイナーチェンジで、5人乗りが発売さ
れ、3列目シートが無くなり後部座席が2列目
のみとなって実用的になりました。

後部座席の乗り心地はいつもと変わらずに、
座席を前に倒すことによって、フラットに
できるように工夫されました。

7人乗りのときは3列目シートが2列目の下に
ダイブインして格納できるようになっていたた
め2列目をフラットに収納することができませ
んでした。



【引用:https://toyota.jp/sienta/】

車中泊のときにも足を伸ばして寝れそうです。

■2列目の背もたれはが不満!
実際に試乗車で確認された方は感じたのではと
思いますが、後部座席の背もたれのリクライニ
ング機能がほとんど出来ません。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

これ以上背もたれを後ろに倒せないようです。
後部座席で背もたれを倒して眠りたいという時
は不便さを感じるかもしれません。

シエンタのシートは決して乗り心地が良いとい
うわけではありませんが、普段乗りするには
十分な座り心地です。

■シエンタの後部座席 まとめ
シエンタのマイナーチェンジで新しく発売とな
った5人乗りファンベースをご紹介させていた
だきました。

7人乗りで人気のあったシエンタを5人乗りで
売り出す斬新さが新たなニーズを求めている方
に当てはまりそうですが、使い勝手は普通の
5人乗りの車より断然良いと考えます。

車中泊を中心にアウトドアでは大活躍しそうで
すし、内装も後部座席も大きくは問題なしと
言えるでしょう。

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】でキャンプ、車中泊をする場合の良い点と問題点!!

■シエンタのアウトドア利用での問題点!!

シエンタはコンパクトカーサイズでありながら
7人乗車まで可能なコンパクトミニバンです。

人や荷物がたくさん乗せられる車なので、キャ
ンプなどにもこれ1台でいけたらと考えそうで
す。

シエンタがキャンプに向いているかどうかは、
キャンプに参加する人数で決まってきます。

シエンタの最大乗員は7名ですが、これは3列
目シートまですべてを使った場合ですので、こ
の状態では大きい荷物はほとんど乗りません。

この3列目シートは、2列目シートの下に収納
することができるので、その場合は荷物は乗り
ますが、定員は4名~5名となります。

シエンタがキャンプに向いているかどうかでは
なんとか4人程度のキャンプなら向いているよ
うです。

ただし妥協しなければならない部分もいくつか
あるようです。

(1)荷室は狭くてギリギリ!

【引用:https://toyota.jp/sienta/】

シエンタで3列目シートを収納したときの荷室
の広さは次の通りですが、奥行きが1mないの
であまり長いものは積めません。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

その代わり荷室幅が結構広く、よくミニバンで
あるような3列目シートを跳ね上げるタイプで
はないので広く使えます。

荷室高さ 1,040mm
荷室幅  1,260mm
荷室長    970mm

キャンプの荷物で一番長さが必要なのはやはり
テントですが、折りたたんで1m以下になるよ
うであればギリギリ横積みすることで載せられ
そうです。

しかし、キャンプではそれ以外にもバーベキュ
ーセットやシュラフ、パラソルや食材類など、
さまざまな荷物が必要です。

シエンタ1台の容積では、これらのキャンプ用
品を4人分最低限積み込むと荷室はいっぱいに
なってしまいます。

更にレジャー用品などを持っていくと、持ち物
の大きさにかなりの制限が出てしまいます。

最初のキャンプではなんとかなっても、その後
は荷物の大きさや数に妥協することになるかも
しれません。

(2)シエンタの走行性能
ミニバンやSUVに比べると走行性能が低いのは
否めないので、キャンプで山道を快適に登ると
いうわけにはいかず、あくまでコンパクトカー
並みの走りになります。

シエンタの売りの一つは燃費のよいハイブリッ
ドモデルですが、シエンタのハイブリッドモデ
ルには4WDがなく、2WDしかありません。

キャンプともなると山道や未舗装路なども走る
ことがあるので4WDが欲しいところですが、
そうすると燃費のあまりよくないガソリン車を
選ばなくてはなりません。

また、メインのガソリンエンジンは1.5Lであり
ハイブリッドモデルで74馬力、ガソリンモデル
で103~109馬力と、荷物満載で山道を駆け上が
るには少々非力です。

登らないことはないでしょうが、快適に走ると
いうわけにはいかないようです。
山道ではモーターアシストでトルクのあるハイ
ブリッドのほうが適していますが、4WDがない
ので不満がのこります。

(3)シエンタの車中泊
近年キャンプの一つの形態として車の中に寝泊
まりする車中泊が人気ですが、シエンタの場合
車中泊には少々向かない点が多いようです。

シエンタのシートアレンジを工夫すると3列目
シートだけでなく2列目シートも畳むことで
最大の荷室を確保できますが、この状態では
車内がフルフラットにはならず、また長さも
1,400mm程度と大人が寝るには狭すぎるようで
す。

またシートを折りたたまないで後ろに倒すよう
にしてもフラットにはならないので、ゴツゴツ
した寝床になってしまいます。

この状態でマットなどを使えば多少はよいので
すが、素直にテントで寝た方が疲れは撮れるの
ではないでしょうか。

広いとはいってもコンパクトカーサイズなので
1台でいろいろまかなうには少々限界がありま
す。

ここまでキャンプに向いていない点について、
ご紹介してきましたが、キャンプに向いている
点もいくつかありますのでご紹介します。

■シエンタのキャンプに向いている点

(1)ルーフキャリアで荷物の問題は解決
シエンタの車内に荷物が乗りきらない場合には
ルーフキャリアを利用するのも一つの手です。

ルーフキャリアは屋根の上に荷物を載せられる
ようにできる装備のことで、簡単なレールだけ
のものであったり、しっかりしたコンテナ型に
なっているものまであります。

これを装着すれば長いテントも十分載せること
ができますし、大きな荷物を全部ルーフキャリ
アに上げてしまえば旅の間も車内は快適です。

ルーフキャリアは10万円程度で購入できます
ので、キャンプ用にシエンタを購入する場合に
は有効な装備です。

(2)取り回しの良さ
シエンタの車体サイズはコンパクトカー並みな
ので、キャンプでよく使われるSUVやミニバン
に比べて取り回しが良く、運転しやすいという
メリットがあります。

キャンプ場では狭い道を通ったりしなければな
らない場合も多く、大きな車で慣れていない道
だと案外運転しにくいものです。

その点シエンタなら見切りのよいフロントデザ
インなので、初めての場所でも楽に運転するこ
とができるでしょう。

(3)燃費の良さ:ハイブリッドエンジン
SUVやミニバンと比較した場合のメリットです
が、ハイブリッドは元よりガソリン仕様でも
これらの車より燃費が良いです。

キャンプとなると結構な長距離を移動すること
になるので燃費は大きく響いてきます。

シエンタの燃費は、ハイブリッドで27.2km/L、
ガソリンモデルで15.4km/L(4WD)~20.2km/L
(2WD)ですが、SUVやミニバンだと
10km/L~15km/L前後が一般的ですので、
約1.5倍~2倍近い差があります。

例えば往復500kmを移動する場合では、ガソリ
ン代を120円/Lとすると費用は次のようになり
ます。

※車名 燃費 燃料代
シエンタハイブリッド 27.2km/L 2,205円
シエンタガソリン2WD 20.2km/L 2,970円
シエンタガソリン4WD 15.4km/L 3,896円
SUV or ミニバン平均 12.5km/L 4,800円

実燃費としては4割程度下がってしまいますが
それでもシエンタハイブリッドを選べば、SUV
やミニバンの半分の燃料代で済むことになりま
す。

4WDを選択した場合には大きく変わらなくなっ
てしまうので、燃費を重視する場合には、
ハイブリッドかガソリンの2WDが選択肢になり
そうです。

【トヨタシエンタ】の荷室容量!

■シートアレンジ
シエンタは2列シートのFUNBASEの登場により
車中泊用のシートアレンジは大幅に向上しまし
た。

※シエンタFUNBASEのシートアレンジ
シエンタFUNBASEの場合は2列目シートを倒し
トランクルームをハイデッキ状態にすることで
フラットな広いスペースを確保できます。
1列目との空きスペースをうまくベッドスペー
スにできれば、最大荷室長2,065mmのフラット
な荷室フロアになります。

フロントからリアにかけて傾斜がありますが、
頭をフロント側にもってくれば気にならない
レベルの傾斜です。
最大室内長が「2m」もあるので、多くの人に
とっては余裕があるスペースだと思われます。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

■シエンタFUNBASEの荷室
シエンタFUNBASEのラゲージスペースは小さい
ので、寝るときは荷物を助手席や運転席に置く
ことになるでしょう。

■シエンタFUNBASEのユーティリティ
ラゲッジルーム壁面に各9個づつのユーティリ
ティホールが用意されています。

ラゲッジテーブルなどを装着して、車中泊に
便利が良いよう室内空間をアレンジすることが
できます。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

■新型シエンタの荷室サイズ
新型シエンタは、3列目シートを使用、3列目
シート格納、そして、一番荷室が広くなる2列
目シートを格納など様々なシートアレンジが
用意されています。




【引用:https://toyota.jp/sienta/】

シートアレンジによって、荷室の広さが全く
異なります。

(1)通常時の荷室サイズ
3列目シートを使用した時の、新型シエンタの
荷室・ラゲッジスペース。

3列目シート使用時の荷室サイズ
高さ  :1,085mm
最大横幅:1,150mm
最小横幅:  955mm
奥行き :  370mm

高さや横幅はあるものの、奥行きが狭いので、
それ程多くの荷物は、積めないように感じまし
た。

普段の買い物のの荷物などは置く事が出来ます
が、旅行のスーツケースやボストンバックなど
大きい荷物を積むのには向いて無さそうです。

この荷室・ラゲッジスペースの広さを見ても、
やはり3列目シートは、普段は格納しておいた
方が良いと思いました。

(2)3列目シート格納時の荷室サイズ
新型シエンタの3列目シートを格納した時の、
荷室・ラゲッジスペース。

3列目シート格納時の荷室サイズ
高さ  :1,085mm
最大横幅:1,150mm
最小横幅:  955mm
奥行き :  970mm

新型シエンタの荷室・ラゲッジスペースの高さ
や奥行きは、当然全く一緒です。

しかし、奥行きが3列目シート使用時に比べて
2.5倍以上も広くなりましたので、荷室・ラゲ
ッジスペースの広さの印象がガラッと変わりま
した。

これくらい広いと1週間以上の一番大きなスー
ツケースでも余裕でスッポリ置くことができる
と思いました。

また、電子レンジやテレビなど大きめの家電も
十分に積み込めると思いました。

新型シエンタは、3列目シートを格納しておけ
ば、十分な荷室サイズがあります。
この状態で荷室が狭いと感じるケースは、ほと
んどないように思いました。

(3)2列目シート格納時の荷室サイズ
フルモデルチェンジをした新型シエンタの2列
目シートの格納方法は、2列目シートを座面ご
と前に跳ね上げるタンブル方式。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

2列目シート格納時の荷室サイズ
高さ  :1,085mm
最大横幅:1,150mm
最小横幅:  955mm
奥行き :1,430mm

2列目シートを格納した時の荷室の奥行きは、
1,430mmと十分すぎる程の広さです。

左右両方のシートを格納すると、26インチの
マウンテンバイクを2台積める広さがあるよう
です。

突然の雨が降ってきた時など、習い事や遊んで
いる子供のお迎えに行って、自転車を広い新型
シエンタの荷室に積み込んで、お子さんを助手
席に乗せて帰ってくることも出来そうです。

このように新型シエンタの荷室・ラゲッジスペ
ースは、広いだけでは無く、使用用途に応じて
様々なアレンジができるのでとても便利です。

さまざまな内容を調べましたが、愛車の居住空
間を十分認識すれば、アウトドア派の方にでも
楽しむ要素が満載されています。
親子での休日の体験などにも効果的に利用可能
ではないかと感じます。

トヨタシエンタ」の購入を検討中の
方への一助になれば幸甚です。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

シエンタが値引き後価格から、
更に50万円安くなる方法とは?

「シエンタは、予算が足りない…」
「値引きで、何とか安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒だし…」
「新車をもっとお得に最安値でほしい…」
「ディーラーからの連絡は面倒だし…」

など、トヨタ・シエンタの購入を検討して
いるけど悩んでいませんか?

トヨタは値引きをほとんどして貰えません。

さらにシエンタは、コンパクトミニバンに
おいてトップクラス。
なかなか価格は安くなりそうにありません。

非常に多くのかたが、家族や友人に相談して
もまともに相手もしてもらえず、また聞いて
もらったところで、大した情報がなく欲しい
車に手が届かないと悩んでおられます。

そんな方にオススメの『裏技』をご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを
使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多いようです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り
会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、愛車を最高値で売却する
ことができるのです。

一括査定サイトを使えば、悩みを解決する
だけでなく、欲しかった「オプション品」
も追加で装備する費用に充てることも
できそうです。

・LEDランプパッケージ
・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ
・スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ
・スマートエントリーシステム などなど

車を買うとき、下取りに出すと
損をしますよ!!

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする