【トヨタシエンタ】の中古車!新古車含め中古相場を調べました。

下取りは必ず一括査定サイトを
使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多いようです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り
会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、愛車を最高値で売却する
ことができるのです。

一括査定サイトを使えば、悩みを解決する
だけでなく、欲しかった「オプション品」
も追加で装備する費用に充てることも
できそうです。

・LEDランプパッケージ
・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ
・スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ
・スマートエントリーシステム などなど

車を買うとき、下取りに出すと
損をしますよ!!

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】の中古車、新古車などの中古相場!

トヨタシエンタ』ですが、中古車や新
古車の相場状況はどのようになっているのか?
条件面で合うものがあれば、お得な中古車や
新古車はあるのか?

中古車や新古車であれば、その程度の金額で
購入できるのかを調べました。

これからの購入を検討している方のクルマ選び
の選択肢として参考にして頂ければ幸甚です。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

今年の9月に「マイナーチェンジ」を行い、
更にカーライフを楽しんでいくための装備や、
安全性を向上する性能を展開しています。
大まかな内容は、以下のとおりです。

キャッチフレーズは『ふだんをアゲる』とし、
CMキャラクターに「渡辺直美」を起用。

※やるべきことを楽しいことへ
毎日に必要なクルマだからこそ、やるべきこと
を、楽しいことに変えていこう。
いつもの送り迎えこそ、ワクワクするものへ。
いつもの買い物こそ、ドキドキするものへ。

1)スムーズ機能で雨の日に、大きな荷物を
抱えていてもスーツと乗り込みやすい
2)高天井なので、小さなお子様なら車内で
パパツと着替えやすい
3)大開口ラゲージなので、大きな荷物も
ヒョイを積み込みしやすい
4)低床仕様なので、お子様もサツと乗り
降りしやすい

※シートバリエーション
新たに2列シート車“FUNBASE”が仲間入り!
3列と2列、どっちのシエンタでふだんを
アゲる?

※ギャラリー
デザインでも、乗り心地でも。
シエンタならどっちで選んでも間違いなし♪

※カラーバリエーション
TWO TONEも選べる、個性あふれるカラーバリ
エーション。さぁ、贅沢に悩んでください。

※運転のしやすさ
細い路地での運転や狭いパーキングでの駐車が
苦手…そんな声にこたえられるように、シエン
タは運転のしやすさにしっかり配慮しました。

1)コンパクトボディ・・・どこでもスイスイ
2)最小回転半径・・・小回り利いてラクラク
3)ワイドビュー・・・スッキリした前方視界
4)パノラミックビューモニター
・・・駐車時の頼もしい味方

※安全性能
毎日の運転を、安心して楽しんで欲しいから、
シエンタは安全性能にこだわりました。

『4つの安全機能で安心をサポート』

1)踏み間違えてもブレーキでサポート!
ガラスや壁などの静止物を検知して、衝突
被害の軽減に寄与
2)運転中のさまざまな状況でぶつからない
ようにサポート!
3)うっかり車線をはみ出しそうになった経
験はありませんか?はみ出さないをサポート
4)夜間の歩行者をいち早く見つけやすくする
夜間の見やすさをサポート!

≪車両沿革≫
・2003年9月29日 – 初代発売
キャッチフレーズは「瞬間・楽乗り・三列」

・2006年5月16日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「かわいいときを走るミニバン」
CMキャラクター:安田成美

・2011年5月19日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「大き過ぎないミニバン」
CMキャラクター:はいだしょうこ

・2015年7月9日 – フルモデルチェンジ
キャッチフレーズは
「HOW DO YOU USE TODAY? 今日をどう使う?」
CMキャラクター:
ハメス・ロドリゲス、滝川クリステル

・2018年9月11日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「ふだんをアゲる」
CMキャラクター:渡辺直美


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】の中古相場!

2015年7月に発売された新型シエンタですが、
すでに発売から3年経ち、新車には手が出せな
かった方やお得な中古車を狙っている方など、
新型シエンタを中古車で購入しようと、考えて
いる方が多くいるのではと思います。

シエンタは発売当初から人気が高く、多くの
受注があり、新車が多く販売されましたので
当然、中古車もそれなりに出てきている頃では
ないかと思われます。

多くの中古車が出回っているとしたら、人気車
種でも結構な割引額で購入出来るのではないか
と、ちょっと期待してしまいます。

2018年の新型シエンタの中古車はどのくらい
出ており、また、新型シエンタの中古を購入す
ると、どの程度、得なのかを調べてみました。

シエンタの中古車の流通量ですが、トヨタU
カーでは、2018年8月時点で1200件以上と、
豊富な量があり、程度の良いシエンタの新古車
や中古車が多くあるようです。

他に、中古車専門店では2000台を超えるシエン
タの中古車があり、多くの距離を走行したシエ
ンタから新車同様の状態のシエンタなど、豊富
な種類から選ぶことができる流通量があります。

発売当初から月4万台を超える受注がありまし
たので、新型シエンタ自体の流通量はかなり多
く新車で購入した方の最初の車検が2018年と
いうこともあり、そろそろ、次の車を考える方
もいらっしゃると思いますので、さらに多くの
新型シエンタの中古車が出てくるのではないか
と思われます。

新型シエンタのように多くの流通量があると、
お好みのオプションを装備したシエンタや新古
車や状態のかなり良い中古のシエンタなど、
多くの選択肢がありそうです。

しかし、流通量が多くても値段が高ければ購入
するのにためらいますし、新車を購入した方が
良いと考える場合あると思います。

ついては、新型シエンタの売れ筋、ガソリン車
:Gタイプ7人乗りと、ハイブリッド:Gタイ
プ7人乗りの相場を確認してみます。

■ガソリン車:Gタイプの中古相場
・新型シエンタ G
ブラックマイカ
年式:2017年
走行距離:530㎞
ナビ無し、各オプション付き
本体価格:226.8万円

・新型シエンタ G
ブラックマイカ
年式:2016年
走行距離:13,000㎞
ナビなどの各オプション付き
本体価格:206万円

・新型シエンタ G
ブラックマイカ
年式:2017年
走行距離:7,000㎞
ナビなどの各オプション付き
本体価格:199.8万円

・新型シエンタ G
ホワイトパールマイカ
年式:2015年
走行距離:31,000㎞
ナビなどの各オプション付き
本体価格:159万円

・新型シエンタ G
グリーン
年式:2015年
走行距離:29,000㎞
ナビなどの各オプション付き
本体価格:159万円

新型シエンタのガソリン車の中古車相場ですが
年式が古い車種や走行距離の多い車になると、
値段が大幅に安くなる傾向になっています。

2015年式で走行距離が5万キロを超えてくると
ナビなどのオプションが豊富についていても、
かなり安くなるようです。

2015年式の中古車は多く流通していますので
走行距離を気にしない方などは、かなりお安く
購入できそうです。

■ハイブリッド:Gタイプの中古相場
・新型シエンタ ハイブリッドG
エアーイエロー
年式:2017年
走行距離:3,000㎞
ナビなどの各オプション付き
本体価格:249.9万円

・新型シエンタ ハイブリッドG
ホワイトパールマイカ
年式:2016年
走行距離:20,000㎞
ナビなどの各オプション付き
本体価格:238万円

・新型シエンタ ハイブリッドG
ブラックマイカ
年式:2015年
走行距離:27,000㎞
ナビなどの各オプション付き
本体価格:229.8万円

・新型シエンタ ハイブリッドG
ホワイトパールマイカ
年式:2015年
走行距離:30,000㎞
ナビなどの各オプション付き
本体価格:226万円

・新型シエンタ ハイブリッドG
ブラックマイカ
年式:2015年
走行距離:70,000㎞
ナビなどの各オプション付き
本体価格:168万円

・新型シエンタ ハイブリッドG
ホワイトパールマイカ
年式:2015年
走行距離:41,000㎞
ナビなどの各オプション付き
本体価格:199.8万円

新型シエンタのハイブリッドGの中古相場です
が、年式が古く走行距離がとても多くなってく
ると安くはなりますが、平均的な販売価格は
200万円を超えています。

しかし、200万円を超えると状態はかなり良く
新古車や走行距離の少ない試乗車などが多く
安心できますし、各オプションもきちんとつい
ていますので、お買い得なグレードになってい
るのではないでしょうか。

また、2015年式で走行距離が多くなってくると
ガソリン車と同様に値段が一気に安くなります
ので、こちらも走行距離を気にしない方などは
お得に購入出来そうです。

■シエンタの2018年中古相場
新型シエンタの2018年の中古相場ですが、発売
当初から見てみると落ち着いてきている傾向に
あるようです。

新型シエンタは当初の生産台数が7,000台に
対して、受注が40,000台を超える人気になって
しまい、発売当初はかなりの品薄になっていま
したが、発売から3年経過し、生産と受注が
釣り合い、中古車の相場が上がるという事は、
無くなっており、ガソリン車、ハイブリッド車
共に現実的な相場になってきているようです。

各年代の新型シエンタの中古相場を確認してみ
ると、まだまだ安いと言えるような状況では
無いのかもしれませんが、流通量の多さやマイ
ナーチェンジのを控えている現状を考えれば、
2018年の新型シエンタの中古相場は落ち着いて
いるといえそうです。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

斬新なエクステリアで話題を呼んだ「ふだんを
アゲる」トヨタ最小ミニバン・シエンタ。

2018年9月11日のマイナーチェンジによって、
2列シート5人乗りグレード「ファンベース
(FUNBASE)」を発売し、人気も使い勝手も
ますます向上しています。

■お得で格安なシエンタ中古車の選び方
新車と違い、シエンタの中古車には決まった
価格は存在しません。

その時その時の市場ニーズや車両状態に加え、
装備やボディカラーなどの諸条件がからみ合っ
て相場が形成されていくため、知識がないと
高い値段で買うしかありません。

■シエンタの中古車を割安に購入できる狙い目
ポイントを紹介。
・ホワイトパールとブラック以外のボディカラ
ーを選ぶと、割安で購入可能

・シエンタのお買い得なボディカラーは、ホワ
イトパールとブラックの2色で、他のカラーよ
りも10万~20万円ほど高くなっています。

そのため、ホワイトパールとブラック以外の
カラーを選ぶと、割安で購入できます。

また、ホワイトパールとブラック以外は横並び
ですので、新車購入時に高いボディカラーほど
中古車としては値下がり率が高く、お得に購入
できることになります。

人気の2色以外のカラーが好きな方にとっては
絶好の狙い目と言えます。

※シエンタの有料カラー
・センシュアルレッドマイカ:32400円
・ヴィンテージブラウンパール
クリスタルシャイン:32400円

・2トーンカラー:各54,000円~75,600円

シエンタの寿命は約23万~24万キロ程度なので
過走行の中古車を格安で購入するのも狙い目。

中古車のシエンタは前のオーナーがどんな風に
乗っていたかがわからないため、その走行距離
が残り寿命の大きな目安となります。

出来れば少ない方がいいのですが、一般に10万
キロを超過すると「過走行車」として敬遠され
る傾向が見られます。

そのため割安に購入できる「狙い目」ですが、
そこから何キロ乗れるのか、シエンタの残り
寿命も当然気になります。

業者オークションで過走行シエンタを調査した
ところ、落札されたシエンタは約4,000台で、
そのうち走行距離10万キロ超の「過走行車」は
約1,400台、全体の約35%、3台に1台が
過走行車となっているため、決して珍しい状態
ではないことがわかります。

走行距離で車両状態を見ていくと、23万~24万
キロ辺りからエンジン廻りに「振動・異音」
「オイル漏れ・にじみ」と言ったトラブルが、
目立ってくるようです。

そのため、シエンタの寿命は約23万~24万キロ
程度ではないかと思われます。

大切に乗ることでもっと延命し、25万~27万キ
ロ以上も乗れるシエンタもありますが、少なく
とも走行距離10万キロは、まだまだ現役では
ないかと思われます。

過走行のシエンタを購入して定期的にメンテナ
ンスをしていけば、諸費用を抑えつつ長く割安
に乗る事も可能なようです。

例)6年落ち シエンタ1.5ダイス(修復歴無)
走行距離 11.0万キロ 支払総額 61.9万円
走行距離  2.4万キロ 支払総額 111.6万円
【差額】 49.7万円

■2WDと4WDのどちらのシエンタ中古車が割安か
をご紹介。
3年落ち残価率(リセールバリュー)を見ると
4WDよりも2WDの方が高くなりやすい傾向が見ら
れるようです。

つまり、残価率が2WDと比べて低く「値下がり
率の大きい」4WDの方が、中古車で購入する時
には割安でお得に購入できることになります。

■「ナビあり/ナビなし」のどちらのシエンタ
中古車が割安かをご紹介。
慣れない道はもちろん、快適機能が充実して、
便利に進化している最近のナビは、ドライビン
グの際には必須アイテムではないでしょうか。

シエンタの中古車相場を調べると、ナビがつい
ていると5~7万円ほどプラス査定をされてお
り、機能の充実したナビが欲しい場合は、ナビ
付きを選ぶと割安になるでしょう。

しかし、ナビは最低限の機能でよく、無くても
よいというような方は、ナビ無しシエンタを選
んでスマホナビで代替えしたり、1万円程度の
ポータブルナビを装着すれば割安となります。

■ガソリン車とハイブリッド車では、どちらの
シエンタ中古車が割安をご紹介。
シエンタには車いす仕様車を除く全グレードに
ガソリン/ハイブリッドのパワートレインが、
設定されていますが、新車価格はガソリン車よ
りもハイブリッド車の方が高くなっています。

中古車相場では両車の差が縮まるため、残価率
(リセールバリュー)はガソリン車の方が高く
なっています。

つまり、値下がり率はハイブリッドの方が大き
いことになり、中古車でシエンタを購入する場
合はハイブリッド車の方が割安となります。

■シエンタの修復歴ありの中古車は安いが、買
いか否かをご紹介。
シエンタのフレームにダメージを受けると、
「修復歴」ありとして、中古車相場が最大で
約30万~50万円程度もダウンするようです。

シエンタの中古車を買う方からすれば、「割安
でお得」と言いたくなりますが、
『修復歴車=事故車』のイメージが強いため、
安全性に不安が残ります。

敬遠する方も多いのですが、「そこが狙い目」
「30万~50万円以上の価格差は見逃せない!」
という方もいますので、そういう方は修復歴が
「後部」にあるシエンタ中古車を見つけましょ
う。

※前や側面からのダメージは深刻な状態になっ
ている場合が多いため、避けることをオススメ
します。

『修復歴』はフレームにダメージであれば大き
めな損傷を伴う事故でも、バック時にちょっと
当てたレベルでも、すべて同じ修復歴として扱
われます。

「走行に支障はなく、かつ相場より安い」シエ
ンタこそが割安に購入できる「狙い目」ですが
安全に関わることなので、詳しく業者に確認し
できればオークション出品表なども見せてもら
うと良いでしょう。

実際に乗るのは自分ですので、しっかりと試乗
して乗り心地を確かめるのも重要です。

■残価率(リセールバリュー)の低いグレード程
シエンタ中古車を割安に買えることをご紹介。
シエンタのリセールバリューをグレード別に、
調査し、ランキングに纏めました。

「リセールバリューが低い=ランキング下位の
グレードほど割安に買える」ようですので、
中古車を購入する際のご参考にして下さい。

【2WD】
1位 1.5Gクエロ
2位 1.5G
3位 1.5X
(※車いす仕様車は除く)

【4WD】
1位 1.5Gクエロ
2位 1.5G
3位 1.5X

【ハイブリッド車】
1位 ハイブリッドGクエロ
2位 ハイブリッドX
3位 ハイブリッドG
(※車いす仕様車は除く)

ファンベース系(X、G)は、中古車流通台数が
無いのため、含まれていません。

2WD/4WD/ハイブリッドそれぞれ、装備の充実
した『Gクエロ』が人気のトップ、GとXが僅差
で競っている状態で、全体のリセール差は
「5~10%」、GクエロとG、Xの差は5%程度と
なっているようです。

■中古車からの値引きを成功させるためのポイ
ント
新車の場合も同じですが、シエンタの中古車を
安く買うために、一番値引きに効くのが下取り
車を高く売ることです。

ディーラーや中古車販売店へそのまま下取りに
出すことは、一番損をしている可能性がありま
す。

下取り車は決まった買取金額が無いので、複数
の買取店に査定してもらい、査定金額を競って
もらわないと高く売れません。

しかし、買取店と連絡を取って、査定のアポを
取るのはかなりの手間ですので、一括査定サー
ビスを利用することをオススメします。

そのまま下取りに出すより、10万~30万円以上
高く査定が出ることもあります


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】の中古車、型落ち!

■初代シエンタの中古車相場
(型式)NCP81G、NCP85G型
(生産)2003年9月~2010年10月
/2011年5月~2015年7月
(マイナーチェンジ)1回目:2006年5月16日
/2回目:2011年5月19日

(中古車流通台数)約1,200台

(中心価格帯)30万~50万円台
(最安価格帯)15万~35万円台
(最高価格帯)150万~170万円台

2003年9月29日にデビューした初代シエンタは
2010年に一度販売を打ち切られたものの、
9ヶ月後の2011年5月19日のマイナーチェンジ
で復活を遂げ、次世代につなぎました。

モデルサイクル内で2回のマイナーチェンジが
入った関係でそこを境に大きく値下がりしてい
るため、初代の中古車は最安価格帯15万~35万
円と、非常にお手頃な価格で乗れるのが大きな
魅力となっています。

また、初代シエンタは中古車流通台数も多く、
豊富な選択肢が用意されているため、満足のい
く一台を選ぶことが出来るでしょう。

■初代シエンタのマイナーチェンジ変更点
【2006年5月16日】
・フロントのバンパー、グリル、ヘッドランプ
、リアコンビネーションランプ、ホイールキャ
ップの意匠変更
・ボディカラーに新色2カラーを追加設定
・サイドターンランプ付ドアミラーを全車に標
準装備
・全車のシート表皮にフレシール加工
・Xに専用エアロパーツを装備した「Sエディシ
ョン」を新設定

【2011年5月19日】
・新グレード「ダイス」と「X Lパッケージ」
を設定
・「ダイス」には専用エクステリアや専用ボデ
ィカラーを設定
・「X Lパッケージ」は装備を充実、利便性を
向上
・リアコンビネーションランプのデザイン変更
・ボディカラーに新色「マルーンブラウンマイ
カ」「ライトブルーマイカメタリック」含む
全8色を設定
・シート表皮のデザイン変更
・アナログメーターのデザイン変更による視認
性向上
・3本スポークステアリングホイールにシルバ
ー加飾
・2WD車はエンジン、トランスミッション、オ
ルタネーターなどの制御系統を改良
・2WDの燃費を19.2㎞/L(10・15モード。従来
比+0.6㎞/L)に向上

■初代シエンタ中古車の長所
・ガラスエリアが広くて解放的な室内空間と視
界の良さに定評
・ソフトな乗り心地で好評
・走行性にクセが少なく、女性やファミリーカ
ー向け
・3列目シートを格納すると荷物が多くつめる
・コンパクトなボディとスライドドアの使い勝
手に需要が高い

■初代シエンタ中古車の短所
・車格や乗車定員(特に7人フル乗車)に対し
て1,500㏄エンジンだと非力
・3列目シートはあくまでも緊急用=狭くて居
住性が悪い
・CVT制御に不評(低回転域での段付き現象、
走行不安定)
・クセがない分、走りがつまらない
・内装のチープ感や純正スピーカーやバック時
のアラーム、クラクション等の音質に不満

■初代シエンタのオススメ中古車
初代シエンタの魅力は、その安さと女性的な
丸っぽいデザインです。

最安価格帯の15万~35万円であれば10~14年落
ち/走行距離7万~12万キロ/修復歴なしのシ
エンタが手に入ります。

50万~100万円の予算があればアフターパーツ
なども含めてゆとりある中古車選びを楽しむこ
とができるでしょう。

■初代シエンタハイブリッドの中古車相場
(型式)NHP170G型
(生産)2015年7月~販売中
(マイナーチェンジ)2018年9月11日

(中古車流通台数)約370台

(中心価格帯)175万~205万円台
(最安価格帯)150万~170万円台
(最高価格帯)230万~250万円台

2015年7月9日のフルモデルチェンジでシエンタ
に新搭載された1.5Lハイブリッドシステム
(リダクション機構付THSⅡ)。

ミニバントップクラスの優れた環境性能に加え
先代より斬新に生まれ変わったデザインが、
その先進性を体現しています。

中古車としてはまだ年数が浅いため価格も高め
ですが、新車を購入するものと考えれば、シエ
ンタハイブリッドの中古車は割安に入手出来て
お得な選択肢と言えるでしょう。

2018年9月のマイナーチェンジでファンベースX
とファンベースGが追加されました。

【変更点】
・5人乗り2列シートの新グレード「ファンベー
スX」「ファンベースG」を追加
・燃費性能の向上により28.8㎞/L(J08モード)
を実現、「平成32年度燃費基準+50%」を達成
・インテリジェントクリアランスソナー(パー
キングサポートブレーキ・静止物)をグレード
別設定
・歩行者検知機能(昼間)を追加したトヨタセ
ーフティセンスをグレード別設定
・エクステリア(フロントバンパー、グリル、
ヘッドランプ、リアランプ、ホイールキャップ
等)を変更
・ボディカラーに新色6カラーを追加した全
10色を設定
・パワースライドドア予約ロック機能(スマー
トロック操作)をグレード別に新設定
・荷物の置忘れを教えるリアシートリマインダ
ーを日本で初採用

■初代シエンタハイブリッド中古車の長所
・近未来的なエクステリアがハイブリッドのコ
ンセプトにマッチ
・エアロが映えてカッコいい
・インパネ回りのユニークなデザインが好評
・ハイブリッドならではの環境性能と好燃費に
定評
・モーター走行時の静粛性は抜群

■初代シエンタハイブリッド中古車の短所
・ドライビングポジションに融通が利かない
・ハイブリッドエンジンはガソリン車と同様に
非力
・ロードノイズやエンジン音でかなりうるさく
、乗り心地は悪い
・水害に弱い
・エアコンの吹き出し口が3列目シート付近に
も欲しい

■初代シエンタハイブリッドのおすすめ中古車
シエンタハイブリッドの中古車を購入するなら
一番のおすすめグレードは流通台数の約8割を
占めている中間グレードのハイブリッド1.5G
となります。

充実した装備と手頃の価格のコストパフォーマ
ンスに優れて人気が高く、流通台数も多いため
選択肢が豊富で中途半端に妥協することなく、
じっくりと中古車選びができます。

最安価格帯の150万~170万円台の予算があれば
2~3年落ち/走行距離3万~7万キロ/修復歴な
しの良質な前期中古車が手に入ります。

新車価格が車両本体だけでも約238万円ですか
ら、少し年式と走行距離を妥協するだけで最大
80万円以上も安く買えるばかりか、クルマによ
ってはナビやETCなどの装備もついて、とても
お得と言えそうです。

■2代目シエンタの中古車相場
(型式)NSP(170G、172G)、NCP175G型
(生産)2015年7月~販売中
(マイナーチェンジ)2018年9月11日

(中古車流通台数)約580台

(中心価格帯)165万~195万円台
(最安価格帯)140万~160万円台
(最高価格帯)230万~250万円台

2015年7月9日のフルモデルチェンジによって、
生まれ変わった2代目シエンタ。

初代シエンタハイブリッドのところでもふれて
いる通り、先代から大きく様変わりしたフロン
トフェイスは賛否両論ではありますが、先代モ
デルから大きく変えたチャレンジングなデザイ
ンは高く評価されるべきでしょう。

そして少し年数が経って見慣れてきたのか、違
和感の声も落ち着いてきた印象です。

また、2018年9月11日のマイナーチェンジによ
って2列シート5人乗りグレード「ファンベース
(X、G)」も加わり、ますます使い勝手が向上
しています。

2代目シエンタは、中古車としては、やはりハ
イブリッドと同様に新車よりも割安に購入でき
る点が大きな魅力となっています。

2018年9月のマイナーチェンジでエクステリア
デザインの変更がありました。

2018年9月11日、2代目シエンタに入ったマイナ
ーチェンジでの大きな変更点。

・5人乗り2列シートの新グレード「ファンベー
スX」「ファンベースG」を追加
・インテリジェントクリアランスソナー(パー
キングサポートブレーキ・静止物)をグレード
別設定
・歩行者検知機能(昼間)を追加したトヨタセ
ーフティセンスをグレード別設定
・エクステリア(フロントバンパー、グリル、
ヘッドランプ、リアランプ、ホイールキャップ
等)を変更
・ボディカラーに新色6カラーを追加した全
10色を設定
・パワースライドドア予約ロック機能(スマー
トロック操作)をグレード別に新設定
・荷物の置忘れを教えるリアシートリマインダ
ーを日本で初採用

■2代目シエンタ中古車の長所
・斬新なデザインが非常に個性的
・スモールサイズの3列シートとスライドドア
が重宝
・寒冷地仕様のコスパが高い
(1)ワイパーの氷結防止
(2)後部座席の足元ヒーター
(3)エンジン暖機なしで暖房始動
オプション料金22,680円
(4WDは29,160円、車いす仕様車は消費税なし
の21,000円)
・先代に引き続き、クセのないソフトな走行性

■2代目シエンタ中古車の短所
・新デザインは賛否両論
・エンジン&CVTは先代より若干の改善程度
・先代より使い勝手が悪化したという評価
・運転しづらい(シートにホールド感がなく、
ステアリングにテレスコピック機構がない等)
・先代に引き続き、内装のチープ感に不評

■2代目シエンタのおすすめ中古車
2代目シエンタを中古車で購入するなら、全体
の約6割を占めている流通台数の「1.5G」が
オススメです。

少しだけ年式や走行距離を妥協することで、
新車よりも割安な1台を見つけることが出来る
でしょう。

【参考例】
シエンタ1.5G(マイナーチェンジ前)1年落ち
走行距離0.5万キロ/ブラック/修復歴なし
/付属:ナビ、ETC、バックカメラ、フロア
マット等
支払総額:214.8万円

同じ条件(付属品など装着)で新車のシエンタ
1.5Gを購入すると約242.0万円ですので、マイ
ナーチェンジによる型落ちではありますが、
現行型シエンタ1.5Gを約27万円も割安で購入
できることになります。

■3年で3万キロ乗り続けた後に売却した場合
の査定相場
【参考例】
シエンタ1.5G 1年落ち
走行距離0.5万キロ/修復歴なし
支払総額:214.8万円

3年(3万キロ走行)後の査定相場
4年落ち 走行距離3.5万キロ
査定相場:82万~87万円

現行型シエンタを中古車で購入し、乗り続けて
いる3年間の中でモデルチェンジが入ったと想
定すると、現在の相場で約85万円程度の金額が
残るようです。

上記のシエンタを購入する時、いくらかは値引
きがあるとは思いますが、売却・下取り時に
『130万円』前後の損失が出ることを考えると、
もう少し乗り続けて元を取る選択肢も考えたい
ところです。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

【トヨタシエンタ】の新古車!!

※新古車の定義として、走行距離が1,000キロ
以下のほぼ新車同様な状態の中古車を指し、
未使用車(走行距離ほぼゼロ)も含めます。

新車シエンタ
グレード名:1.5G
オプション:なし
車両本体価格:2,020,680円
諸費用:187,267円
新車値引き:▲150,000円
総額(乗り出し価格):2,057,947円

新古車シエンタ(未使用車)
グレード名:1.5G
オプション:ナビ、ETC、フロアマット、サイド
バイザー、バックカメラ、ドライブレコーダー、
ナンバープレートフレーム、コーティング、ガラ
ス撥水、ガソリン満タン
車両本体価格:1,920,000円
諸費用:192,000円
新車値引き:交渉次第で可
総額(乗り出し価格):2,112,000円

シエンタの新車と新古車を比較すると、新車の
方が約5.5万円安くなっていますが、新車には
15万円分の値引きがあったり、新古車には複数
のオプションがついていたりします。

これらの違いをなるべくフラットにそろえて、
安かった方の見積もりを高かった方のお店に持
ち込み、安くなったらその見積もりを最初に安
かったお店へ持ち込み……を繰り返すのが、シ
エンタ中古車における値引き交渉のセオリーと
なります。

業者オークションからシエンタの新古車を、
オークション代行で購入した場合の総額を調べ
ました。

オークション代行:新古車シエンタ
グレード名:1.5G
落札価格:1,535,000円
オプション:なし
消費税:122,800円
落札手数料:8,640円
オークション代行料:32,400円
名義変更料:約20,000円
陸送費用:約20,000円
総額(乗り出し価格):1,738,840円

オークション代行を利用してシエンタの新古車
を購入した場合、新車や中古車販売店よりも、
『約30万円』以上も安くなっていました。

更に安くしたいなら、名義変更や陸送を自分で
行えば約4万円を浮かせることも出来ますが、
慣れない方には大変なので、お任せした方がい
いでしょう。

シエンタの中古車を少しでも安く購入する選択
肢としてオークション代行もありますが、敷居
が高いと感じてしまう方には、以下のサービス
がおすすめです。

■中古車一括査定を利用する
中古車でシエンタを買う最大のメリットは購入
価格です。

中古車市場の中から吟味して探せば、低走行で
程度の良いシエンタが新車と比べて数十万円も
安く買える場合があります。

しかし、そのためには数ある中古車販売店のシ
エンタの中古車在庫を1台1台比較して、
お得感のある価格で買えるのかどうかを品定め
をしなければなりません。

また、価格の割に状態が悪い割高のシエンタが
売られていたり、中古車購入では不安な「修復
歴あり」の車両も含まれているので、それらの
中古車は出来れば避けたいものです。

状態が良くて、なおかつ割安なシエンタを見つ
けるには時間や手間が掛かりますし、さらに
シエンタの中古車相場等をある程度知っていな
いと、その中古車が本当にお得なのかどうかの
判断が出来ません。

中古車一括査定を利用すれば、シエンタの新古
車・未使用車も探してくれますので、新車より
もお得にシエンタを買いたい場合は、利用を
オススメします。

■新型シエンタの中古車狙い目のポイント
・試乗車よりも新古車が狙い目
新古車は各ディーラーが目標の販売台数を達成
するために、ディーラー自身で新車登録をした
車になりますので走行距離がなく外装に傷など
が全くないなど、ほとんど新車といっても良い
状態の車になります。

試乗車を狙わない方が良い理由は、多くの方が
試乗して様々な乗り方の癖がつきますし、試乗
車といっても結局は中古車となります。

新古車は希望のグレードや装備などは限られて
きますが、新車で買うよりもかなり安く購入出
来ますので、新車に近い状態の車を狙うには、
おススメの購入方法となります。

・オプションが充実した車を狙うメリット
高額になりがちなメーカーオプションが付いた
車を安く購入できる場合があります。

メーカーオプションのナビは10万や20万など
かなりの高額になりますし、ETCやバックモニ
ターなどセットで付けている方が多くいますの
で、オプションが充実している事でお得に購入
できるメリットになります。

また、走行距離が多いとちょっと購入するのに
不安があるという方がいますが、実は、チョイ
乗りでエンジンをかけたり切ったりしていると
バッテリーの消耗が激しくなり負担がかかりま
す。

また、距離を走らない事でオイルの循環が不十
分となり、オイルを必要とする箇所の負担が、
増えることになります。

走行距離が少ない方が新車に近いという思いに
なりますが、チョイ乗りは車にとって大きな負
担になることがあるようですので、ご注意くだ
さい。

・安いと思っても事故車は避ける
事故などで修復歴があると車体価格は安くなり
ます。
このような車はお値段的には一見お得に感じる
と思いますが、大きな事故などでフレームが曲
がってしまうと後々に走行や強度などに大きな
影響が出ますので、基本的に事故車などは避け
るようにしましょう。

・新型シエンタの中古車まとめ
2015年にインパクトのある登場をした新型シエ
ンタですが、2018年で登場から3年がたち、
マイナーチェンジがあったため中古車も多く
出回ってくると思われます。

※多くの中古車が流通している中で狙うべき
ポイント

1)新車に近い新古車を狙う
2)オプションが充実しているのを狙う
3)事故車は狙わない

以上、3点を踏まえて中古車をさがすと、お得
なシエンタを購入することができるのではない
かと思われます。

■トヨタシエンタの新古車
新古車では、車両条件内容を見ると状態は
「新車」並みが、ほとんどです。

未登録状態の車両も、まだ多くあるようです。
トヨタ販売店にて担当者に問い合わせを行えば
色(カラー)の面や仕様、性能の部分について
妥協しなければならないことも多いのですが、
条件面で折り合いがつくのであれば、新車を購
入するよりも安価に、それも長い間納車待ちす
ることなく早く手に入れることが可能になると
思われます。

新古車としてすぐに手に入れるか、新車で自分好
みのオーダーをするのか、判断が難しいですが、
それも楽しみの一つとして購入方法を十分にご検
討することをオススメします。

その上、下取り面で、オススメしている方法
(一括査定)を使って、更に安くシエンタを手に
入れて素敵なカーライフを迎えられることを願っ
ております。

トヨタシエンタ」の購入を検討中の方への
一助になれば幸甚です。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

シエンタが値引き後価格から、
更に50万円安くなる方法とは?

「シエンタは、予算が足りない…」
「値引きで、何とか安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒だし…」
「新車をもっとお得に最安値でほしい…」
「ディーラーからの連絡は面倒だし…」

など、トヨタ・シエンタの購入を検討して
いるけど悩んでいませんか?

トヨタは値引きをほとんどして貰えません。

さらにシエンタは、コンパクトミニバンに
おいてトップクラス。
なかなか価格は安くなりそうにありません。

非常に多くのかたが、家族や友人に相談して
もまともに相手もしてもらえず、また聞いて
もらったところで、大した情報がなく欲しい
車に手が届かないと悩んでおられます。

そんな方にオススメの『裏技』をご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを
使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多いようです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り
会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、愛車を最高値で売却する
ことができるのです。

一括査定サイトを使えば、悩みを解決する
だけでなく、欲しかった「オプション品」
も追加で装備する費用に充てることも
できそうです。

・LEDランプパッケージ
・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ
・スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ
・スマートエントリーシステム などなど

車を買うとき、下取りに出すと
損をしますよ!!

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする