【トヨタシエンタ】と【トヨタタンク】の比較!どっちが好み!

下取りは必ず一括査定サイトを
使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多いようです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り
会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、愛車を最高値で売却する
ことができるのです。

一括査定サイトを使えば、悩みを解決する
だけでなく、欲しかった「オプション品」
も追加で装備する費用に充てることも
できそうです。

・LEDランプパッケージ
・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ
・スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ
・スマートエントリーシステム などなど

車を買うとき、下取りに出すと
損をしますよ!!

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】と【トヨタタンク】の比較!!

トヨタシエンタ』ですがトヨタタンクと価格や
大きさ、燃費を中心に比べてみました。

シエンタは、トヨタ自動車が販売をするコンパ
クトサイズのミニバンです。
低燃費で、リーズナブルな価格で購入できるフ
ァミリーカーで、女性に人気があります。

そして、今回比較する車が「タンク」という車
です。
タンクはミニバンではなく、コンパクトカーの
カテゴリーに属します。

シエンタの排気量1,500ccに比べて、タンクは
1,000ccですが「乗る用途」や「シートアレン
ジの豊富さ」が似ています。

見た目は殆ど軽自動車と変わらなく、シエンタ
と同じ低燃費の走行を実現します。
この二台の特徴や違いについて調べましたので
ご紹介します。

ミニバンやSUVの特徴は大まかにご存知かと思
いますが、トールワゴンについては意外と特徴
を知らない方が多いのではないでしょうか?

トールワゴンとは、3列シートを持たない2列
シートの「1.5ボックス」タイプのミニバンを
指し、車体の全高が1,550mmを超えない車とな
ります。

高さの制限のある機械式駐車場にも入庫しやす
いことも特徴となります。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

今年の9月に「マイナーチェンジ」を行い、
更にカーライフを楽しんでいくための装備や、
安全性を向上する性能を展開しています。
大まかな内容は、以下のとおりです。

キャッチフレーズは『ふだんをアゲる』とし、
CMキャラクターに「渡辺直美」を起用。

※やるべきことを楽しいことへ
毎日に必要なクルマだからこそ、やるべきこと
を、楽しいことに変えていこう。
いつもの送り迎えこそ、ワクワクするものへ。
いつもの買い物こそ、ドキドキするものへ。

1)スムーズ機能で雨の日に、大きな荷物を
抱えていてもスーツと乗り込みやすい
2)高天井なので、小さなお子様なら車内で
パパツと着替えやすい
3)大開口ラゲージなので、大きな荷物も
ヒョイを積み込みしやすい
4)低床仕様なので、お子様もサツと乗り
降りしやすい

※シートバリエーション
新たに2列シート車“FUNBASE”が仲間入り!
3列と2列、どっちのシエンタでふだんを
アゲる?

※ギャラリー
デザインでも、乗り心地でも。
シエンタならどっちで選んでも間違いなし♪

※カラーバリエーション
TWO TONEも選べる、個性あふれるカラーバリ
エーション。さぁ、贅沢に悩んでください。

※運転のしやすさ
細い路地での運転や狭いパーキングでの駐車が
苦手…そんな声にこたえられるように、シエン
タは運転のしやすさにしっかり配慮しました。

1)コンパクトボディ・・・どこでもスイスイ
2)最小回転半径・・・小回り利いてラクラク
3)ワイドビュー・・・スッキリした前方視界
4)パノラミックビューモニター
・・・駐車時の頼もしい味方

※安全性能
毎日の運転を、安心して楽しんで欲しいから、
シエンタは安全性能にこだわりました。

『4つの安全機能で安心をサポート』

1)踏み間違えてもブレーキでサポート!
ガラスや壁などの静止物を検知して、衝突
被害の軽減に寄与
2)運転中のさまざまな状況でぶつからない
ようにサポート!
3)うっかり車線をはみ出しそうになった経
験はありませんか?はみ出さないをサポート
4)夜間の歩行者をいち早く見つけやすくする
夜間の見やすさをサポート!

≪車両沿革≫
・2003年9月29日 – 初代発売
キャッチフレーズは「瞬間・楽乗り・三列」

・2006年5月16日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「かわいいときを走るミニバン」
CMキャラクター:安田成美

・2011年5月19日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「大き過ぎないミニバン」
CMキャラクター:はいだしょうこ

・2015年7月9日 – フルモデルチェンジ
キャッチフレーズは
「HOW DO YOU USE TODAY? 今日をどう使う?」
CMキャラクター:
ハメス・ロドリゲス、滝川クリステル

・2018年9月11日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「ふだんをアゲる」
CMキャラクター:渡辺直美


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

■【2018年】新車総合人気ランキングTOP10
2018年1月~12月の新車販売実績から、トヨタ
のみに絞った人気車種のランキングです。

順位 車種名
1位 アクア(コンパクトカー)
2位 プリウス(ハッチバック)
3位 シエンタ(ミニバン)
4位 ヴォクシー(ミニバン)
5位 カローラ(セダン/ステーションワゴン
/コンパクトカー)
6位 ヴィッツ(コンパクトカー)
7位 ルーミー(コンパクトカー)
8位 C-HR(SUV)
9位 タンク(コンパクトカー)
10位 アルファード(ミニバン)

※2018年1~12月の統計、一般社団法人「日本
自動車販売協会連合会」調べ

最近はコンパクトカーの人気が高いようです。

◆コンパクトカー人気の理由
・車体価格が安い
・低燃費だから燃料代が安い
・自動車税が安い(排気量が小さくエコカー
減税もある)
・車体の大きさが日本の道路事情に合っている
・十分な安全技術が採用されている
・カラーやデザイン、グレードなども豊富
・デザインの傾向としては、アルファードや
ヴォクシーに代表される存在感のある顔を
した車種が増えていて、その他の車種にま
で採用されています。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

燃費や環境への関心の高まりから、全体的に
ハイブリッドカーが多く含まれていることも
印象的です。

【第3位:トヨタ シエンタ】
シエンタは、2003年から販売されているミニバ
ンタイプの乗用車です。
小さくても広く個性的なデザインのシエンタは
取り回しが楽で広い車に乗りたい人や他人と違
うデザインの車に乗りたい人におすすめです。

2015年に2代目モデルが登場し、2018年には
マイナーチェンジを行っています。

【第9位:トヨタ タンク】
タンクは、2016年から販売されているトール
ワゴンタイプの乗用車です。
ルーミーと同様に、ダイハツが製造・販売す
る「トール」をベースにOEM供給されていま
す。

シートアレンジが多彩で室内も広いので、街乗
りが多い人や利便性を重視したい人にオススメ
です。


【引用:https://toyota.jp/tank/】

■ミニバン「シエンタ」の特徴
シエンタの特徴はユニークなデザインの顔を持
った個性のある人気なコンパクトサイズのミニ
バンです。

シートアレンジが豊富であり、ミニバントップ
クラスの低燃費を持っています。
2018年の9月にマイナーチェンジより、2列シー
ト仕様のモデルが登場しました。

トヨタのミニバンの中ではボディサイズが最も
小さい低床設計だから乗り降りが楽です。
ガソリン、ハイブリッドから選べる。
ガソリンモデルの「G」グレードがオススメ。

「スマートエントリー」
キーを持たずに、ドアを開閉できる
「プッシュスタート」
スイッチひとつでエンジンがかかる
など、今では基本の装備が採用されています。

シエンタの新車価格は「177万円~231万円」で
あり、中古車価格は「2~249万円」となってい
ます。

シエンタは初代モデルから2代目モデルが存在
しており、初代モデルでは30万円以下の中古車
が多く存在しますが、初代モデルでも充分な広
さの室内空間と燃費効率の良さを持っています

デザインにこだわらなく、お手軽にシエンタを
手に入れたい場合、シエンタの初代モデルの購
入をオススメします。


【引用:https://toyota.jp/tank/】

■トールワゴン「タンク」の特徴
この車の名前を聞いたことがある人は多いと思
いますが、デザインについては知らない方は意
外と多いと思います。

「タンク」という車名を聞いて箱型の車を思い
浮かべる方も少ないようです。
タンクはホンダのトールワゴン「N-BOX」によ
く似ています。

トールワゴンのほとんどは軽自動車に当てはま
りますが、タンクは軽自動車ではなく小型乗用
車に該当しますが、軽自動車とは見分けがつき
にくいと思います。

ミニバンに比べてサイズは一回り小さいコンパ
クトサイズですが、ファミリーカーとしての実
用性や機能性はかなり高いのです。
コンパクトなサイズの車は運転のしやすい傾向
にありますので、運転に慣れていない方や小柄
な女性の方にとってもタンクは運転しやすいで
す。

自然吸気とターボ、2種類のエンジンから選べ
る。
小さなボディに広い室内。
標準グレードに安全装備(スマートアシスト)
が付いた「G」がオススメ。

ルーミー同様、両側パワースライドドアやオー
トエアコン、クルーズコントロールなどが装備
されながら最廉価グレードの「X」との価格差
が小さくなっています。

最近の軽自動車は車体の全高が高いモデルが増
えてきています。
タンクの特徴は他の軽自動車とほとんど同じで
荷室スペースが広いだけです。

男性の方が好みそうなスッキリとしたインテリ
アやインパネも特徴であり、燃費効率も良く、
「24.6km/L」もあります。

最近の先進技術を取り入れた小型自動車と言え
る存在です。
タンクの新車価格は「146万円~200万円」であ
り、中古車価格は「85万円~288万円」となっ
ています。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】と【トヨタタンク】の価格の比較!

■シエンタの価格
シエンタの排気量は、1,500ccで、5人乗りと
7人乗りがあります。
ガソリン車とハイブリット車の2WDの車両本体
価格(消費税込)をまとめました。

ガソリン車
(5人乗り)
・FUNBASE X 1,776,600円
・FUNBASE G 1,980,720円

(7人乗り)
・X 1,816,560円
・G 2,020,680円
・G Cuero 2,172,960円

価格帯:177万~217万円

ハイブリット車
(5人乗り)
・FUNBASE X 2,187,000円
・FUNBASE G 2,340,360円

(7人乗り)
・X 2,226,960円
・G 2,380,320円
・G Cuero 2,532,600円

価格帯:218万~253万円

「5人乗りの2列シート」でも、「7人乗りの
3列シート」でも自転車やサーフボードが積め
ます。
7人乗りの3列シートの方が高いのですが、その
差額は4万円弱程度ですので、最大人数の7名が
乗車をする場合があるならば、少ない負担では
ないかと思われます。

車いす使用車
(5人乗り)
・X 車いす使用者(タイプⅠ)
助手席セカンドシート付
2,130,000円

・G 車いす使用者(タイプⅠ)
助手席セカンドシート付
2,317,000円

価格だけでなく、「ガソリン車とハイブリット
車」、「5人乗りと7人乗り」と選択肢が多く
迷ってしまうと思いますが、日常生活での走行
がメインなのか、休日の外出がメインなのかな
どで、少しずつ選択肢がしぼられてくると思わ
れます。

■タンクの価格
タンクは排気量1,000cc・ガソリン車で、全グ
レード5人乗りになります。
2WDの車両本体価格(消費税込)をまとめまし
た。

ガソリン車
・X   1,463,400円
・X”S” 1,528,200円
・G   1,684,800円
・G-T  1,803,600円
・カスタムG  1,836,000円
・カスタムG-T 1,965,600円
・G “Cozy Edition”
(特別使用者) 1,730,160円

価格帯:146万~196万円

■シエンタとタンクの維持費
シエンタもタンクは、似ている点が多いモデル
ですが、実際にはミニバンとコンパクトカーに
分類されるので、車にかかる税金は異なってき
ます。

自動車の税金は、重量や購入時の価格、排気量
の大きさによって決まり、車の価格や重量が高
く(大きく)なればなるほど、車にかかる税金
は高くなるのです。

【自動車の税金】
・シエンタのベースグレード「G cuero」
ガソリンモデル
自動車税:34,500円
自動車重量税:22,500円
自動車取得税:54,300円

・タンクのグレード「X」
自動車税:29,500円
自動車重量税:22,500円
自動車取得税:36,500円


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】と【トヨタタンク】の大きさの比較!

■シエンタとタンクの大きさ


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

・シエンタ「G cuero」
(外寸)
全長:4,260mm
全幅:1,695mm
全高:1,675mm

(内寸)
室内長:2,535mm
室内高:1,280mm

(荷室容量)
リアシート(立):152L
リアシート(倒):1,764L


【引用:https://toyota.jp/sienta/】


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

※シエンタはシートアレンジが豊富です。
また、2列シート仕様と3列シート仕様とでは
室内長も違います。
フラットラゲージモードでは、2列シート仕様
のモデルの方が長くなります。


【引用:https://toyota.jp/tank/】

・タンク「X」
(外寸)
全長:3,700mm
全幅:1,670mm
全高:1,735mm

(内寸)
室内長:2,180mm
室内高:1,355mm

(荷室容量)
リアシート(立):205L
リアシート(倒):958L

※タンクはシエンタと同様にファミリーカー
向けの広々とした室内空間です。

外寸はタンクに比べてシエンタの方が、全体的
に大きいことが分かります。
3列シート仕様もあることから大人数向けのミ
ニバンらしい大きさと言えます。

室内高はタンクの方が高いようですので、タン
クの方がシエンタに比べて子供は、着替えやす
いのではと思います。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

【トヨタシエンタ】と【トヨタタンク】の燃費の比較!

■シエンタとタンクの燃費
車を購入する時、必ずと言って良いほど重視す
るのが燃費であり、燃費の違いによって車の継
続的な費用に大きく関わってきます。

燃費が半分異なるだけで、月にかかる給油費用
も大きく異なってきます。

例えば、自分の車が10km/Lで、他の車が20km/L
ある場合、自分が月に2万円の給油費用となり、
他の車は月に1万円の給油費用になり、年間で
約12万円の差が出ることになるのです。

シエンタは、ミニバントップクラスの低燃費を
持つ車で、ハイブリッドモデルは「28.8km/L」
という軽自動車並みの燃費性能を持っており、
ガソリンモデルでも「20.2km/L」という高い数
値を出しています。

シエンタのハイブリット車には標準装備されて
いるエコドライブモードとEVドライブモードと
いう燃費効率を良くする機能がついています。

【エコドライブモード】
アクセル操作時の駆動力とエアコンの消費電力
を抑えて、燃費優先の走行をします。
通勤時や市街地を走行する時は、「エコドライ
ブモード」を選択すると環境にもお財布にも優
しい走行になります。

【EVドライブモード】
エンジン音や排出ガスを抑えたい時に、モータ
ーのみで静かに走行します。
夜遅く帰宅をする時に、エンジン音を抑えたい
時や駐車場内で、排出ガスを抑えたい時は、
「EVドライブモード」の選択がオススメです。

タンクにはハイブリッドモデルはありませんが
ガソリンモデルで「24.6km/L」という高い数値
を出しています。

タンクのターボ搭載車でも「21.8km/L」という
高い数値を出しています。

低燃費車の魅力は、車の維持費を減らすことが
可能な点です。
エコカー減税の対象となる可能性が高く、シエ
ンタのハイブリッドモデルではほとんどの税金
が免税されています。

自動車重量税や取得税を100%免税できる場合、
年間に約10万円の出費を抑えることが可能です

エコカー減税と低燃費により年間約20万円程度
維持費がお得になる計算になります。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

■シエンタとタンクの加速性能
タンクのターボエンジン搭載グレードは「カス
タムGT」や「GT」ですが、ターボという名称だ
けに加速力が高いことが特徴です。
加速力を表すパワーウェイトレシオ(kg/ps)
の数値が低ければ低いほど加速力が高くなりま
す。

通常のガソリンモデルのタンクとシエンタの加
速力を比較すると、タンクのガソリンモデルの
「G」や「X」グレードではパワーウェイトレシ
オが「26.3kg/ps」あり、シエンタのガソリン
モデル「G Cuero」や「G」では「21.3kg/ps」
を出しています。

しかし、タンクのターボエンジン搭載モデルで
は「19.0kg/ps」を出していることから、シエ
ンタのガソリンモデルに比べてタンクのターボ
エンジン搭載モデルの方の加速力が高いことが
わかります。

シエンタのハイブリッドモデルは「32.7kg/ps」
であることから、ハイブリッドモデルは加速力
の性能面においては低いと言えます。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

■見た目以上に広々使えるファミリーカー
「シエンタ」

シエンタは車体は小さくコンパクトですが、実
は車内空間はとても広いのがオススメのポイン
トです。

ミニバンは大きくて運転しづらいイメージがあ
りますが、「プチバン」とも呼ばれるシエンタ
は7人の乗車が可能で、街中でも楽に運転でき
る車体の大きさです。

子どもや友人など、人数を乗せて運転する機会
がある女性や、ミニバンの広さとコンパクトカ
ーの扱いやすさという「いいとこ取り」をした
い人などにオススメです。

シエンタは、燃費、大きさ、広さ、乗り降りの
しやすさ、走りなどのバランスに優れています


【引用:https://toyota.jp/tank/】

■買い物に特化したママ向けのクルマ
「タンク」

タンクは、広い荷室が確保されています。
OEM供給元であるダイハツ・トールの開発者に
よると、お母さんがスーパー「コストコ」に行
ける空間をつくることを念頭に開発が行われま
した。

軽自動車では荷室が狭いうえ汚れやすいので、
直径42cmのピザの平積みや自転車が載せられる
ようにして、デッキには汚れにくい素材が選ば
れました。

更に、タンクの車体の大きさはヴィッツ以下で
あることも、ポイントです。
タンクやシエンタの価格や燃費などを比較して
みると、そこまで差は無いことが分かります。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

■シエンタとタンクのまとめ
タンクとシエンタでは、どちらもファミリーカ
ーとしての実用性が高いことが分かります。

どちらのモデルも低燃費走行を実現し、リーズ
ナブルな価格で購入することができます。

そして、タンクにもシエンタにも運転をアシス
トするカメラが搭載されていて、左右、後ろ、
全周囲を確認することができます。
また、シエンタには燃費に良い走行をするため
のエコドライブモードと、排気ガスを抑えた走
行をするためのEVドライブモードの2つの走行
モードが付いていますが、タンクにはこの2つ
の走行モードは付いていません。

加速力の面ではタンクのターボエンジン搭載モ
デルはシエンタのガソリンモデルに比べて高い
ことが伺えます。
しかし、タンクとシエンタのガソリンモデルの
加速力を比較すると、タンクよりもシエンタの
方が高いことが分かります。

よって、タンクを購入するならターボエンジン
搭載モデルがオススメで、シエンタの場合には
ハイブリッドモデルでもガソリンモデルでもオ
ススメです。

トヨタシエンタ」の購入を検討中の方への
一助になれば幸甚です。



【引用:https://toyota.jp/sienta/】

シエンタが値引き後価格から、
更に50万円安くなる方法とは?

「シエンタは、予算が足りない…」
「値引きで、何とか安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒だし…」
「新車をもっとお得に最安値でほしい…」
「ディーラーからの連絡は面倒だし…」

など、トヨタ・シエンタの購入を検討して
いるけど悩んでいませんか?

トヨタは値引きをほとんどして貰えません。

さらにシエンタは、コンパクトミニバンに
おいてトップクラス。
なかなか価格は安くなりそうにありません。

非常に多くのかたが、家族や友人に相談して
もまともに相手もしてもらえず、また聞いて
もらったところで、大した情報がなく欲しい
車に手が届かないと悩んでおられます。

そんな方にオススメの『裏技』をご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを
使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多いようです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り
会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、愛車を最高値で売却する
ことができるのです。

一括査定サイトを使えば、悩みを解決する
だけでなく、欲しかった「オプション品」
も追加で装備する費用に充てることも
できそうです。

・LEDランプパッケージ
・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ
・スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ
・スマートエントリーシステム などなど

車を買うとき、下取りに出すと
損をしますよ!!

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする