【トヨタシエンタ】と【ダイハツトール】の比較!どっちが好み!

下取りは必ず一括査定サイトを
使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多いようです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り
会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、愛車を最高値で売却する
ことができるのです。

一括査定サイトを使えば、悩みを解決する
だけでなく、欲しかった「オプション品」
も追加で装備する費用に充てることも
できそうです。

・LEDランプパッケージ
・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ
・スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ
・スマートエントリーシステム などなど

車を買うとき、下取りに出すと
損をしますよ!!

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】と【ダイハツトール】の比較!!

トヨタシエンタ』ですがダイハツトール
価格や大きさ、燃費を中心に比べてみました。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

今年の9月に「マイナーチェンジ」を行い、
更にカーライフを楽しんでいくための装備や、
安全性を向上する性能を展開しています。
大まかな内容は、以下のとおりです。

キャッチフレーズは『ふだんをアゲる』とし、
CMキャラクターに「渡辺直美」を起用。

※やるべきことを楽しいことへ
毎日に必要なクルマだからこそ、やるべきこと
を、楽しいことに変えていこう。
いつもの送り迎えこそ、ワクワクするものへ。
いつもの買い物こそ、ドキドキするものへ。

1)スムーズ機能で雨の日に、大きな荷物を
抱えていてもスーツと乗り込みやすい
2)高天井なので、小さなお子様なら車内で
パパツと着替えやすい
3)大開口ラゲージなので、大きな荷物も
ヒョイを積み込みしやすい
4)低床仕様なので、お子様もサツと乗り
降りしやすい

※シートバリエーション
新たに2列シート車“FUNBASE”が仲間入り!
3列と2列、どっちのシエンタでふだんを
アゲる?

※ギャラリー
デザインでも、乗り心地でも。
シエンタならどっちで選んでも間違いなし♪

※カラーバリエーション
TWO TONEも選べる、個性あふれるカラーバリ
エーション。さぁ、贅沢に悩んでください。

※運転のしやすさ
細い路地での運転や狭いパーキングでの駐車が
苦手…そんな声にこたえられるように、シエン
タは運転のしやすさにしっかり配慮しました。

1)コンパクトボディ・・・どこでもスイスイ
2)最小回転半径・・・小回り利いてラクラク
3)ワイドビュー・・・スッキリした前方視界
4)パノラミックビューモニター
・・・駐車時の頼もしい味方

※安全性能
毎日の運転を、安心して楽しんで欲しいから、
シエンタは安全性能にこだわりました。

『4つの安全機能で安心をサポート』

1)踏み間違えてもブレーキでサポート!
ガラスや壁などの静止物を検知して、衝突
被害の軽減に寄与
2)運転中のさまざまな状況でぶつからない
ようにサポート!
3)うっかり車線をはみ出しそうになった経
験はありませんか?はみ出さないをサポート
4)夜間の歩行者をいち早く見つけやすくする
夜間の見やすさをサポート!

≪車両沿革≫
・2003年9月29日 – 初代発売
キャッチフレーズは「瞬間・楽乗り・三列」

・2006年5月16日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「かわいいときを走るミニバン」
CMキャラクター:安田成美

・2011年5月19日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「大き過ぎないミニバン」
CMキャラクター:はいだしょうこ

・2015年7月9日 – フルモデルチェンジ
キャッチフレーズは
「HOW DO YOU USE TODAY? 今日をどう使う?」
CMキャラクター:
ハメス・ロドリゲス、滝川クリステル

・2018年9月11日 – マイナーチェンジ
キャッチフレーズは「ふだんをアゲる」
CMキャラクター:渡辺直美


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

■トヨタシエンタの概要、特徴
シエンタはトヨタの8セグメントモデルと共通
のコンポーネントを使って作られたトヨタ最小
のミニバンとして人気があります。
『ユニバーサルでクールなトヨタ最小ミニバン
』をテーマに開発され、さまざまなライフスタ
イルをサポートしてくれる一台です。

コンパクトなボディサイズでありながら7人乗
りの仕様までラインナップされており、ユーザ
ーの理想を叶えてくれます。

デザインについてですが、丸目型のヘッドラン
プなどのカワイイ雰囲気から、今までの自動車
にはない前衛的なモデルになり、ハコ型という
ミニバンの概念を打ち破るスポーティなデザイ
ンになっています。

カラーはモノトーンからフレックストーンまで
全13色あり、とくにフレックストーンは選ぶ色
によって車種が変わったかのような違いを見せ
てくれるので、どれを選ぶか迷ってしまうほど
楽しめます。

■トヨタ シエンタ運転支援・安全性・装備
※運転支援・運転のしやすさ
運転をしやすくしてくれる為の性能がシエンタ
には備わっています。

Toyota Safety Sense C」はトヨタの「安全
の追求」から生まれた先進の衝突回避支援パ
ッケージです。

さまざまな交通事故統計を分析し、発生割合の
高い事故に対応する3つの先進安全機能をパッ
ケージ化するのと同時に各機能の信頼性を高め
る高精度な検知センサーを新開発。
最先端の技術革新の成果を組み入れ、ドライバ
ーの安全運転を多面的にサポートしてくれるも
のです。

また、車の情報がひと目でわかるマルチインフ
ォメーションディスプレイは運転情報のほか、
エコ運転をサポートする情報を表示してくれま
す。
そしてドライバーにやさしいメーター配置によ
って、視界を大きく動かさず危険を回避するこ
とが出来ます。

●安全装備
予防安全としてシエンタには下記のような機能
が搭載されています。

※プリクラッシュセーフティシステム
進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメ
ラで検出し、衝突が予測される場合には警報を
発して回避操を促してくれます。
その際ブレーキを踏むと強力なアシストが作動
し踏めなくても自動ブレーキが作動します。

※オートマチックハイビーム
夜間の歩行者などをいち早く発見出来るようハ
イビームとロービームを自動で切り替えてくれ
ます。

※先行車発進告知機能
渋滞や信号待ちなどで先行車に続いて停止し、
先行車の発信に気付かない場合にブザーとディ
スプレイでお知らせをしてくれる機能です。

この他にも衝突安全の対策としてサードシート
まで守るエアバッグや、3点式シートベルトを
全席につけるなど、万が一に備えた対策もしっ
かりと考えられています。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

■ダイハツトールの概要、特徴
ダイハツのトールは、トールワゴンタイプのコ
ンパクトカーです。
小型乗用車ではありながら、軽自動車と同等の
取り回し、そして広い空間が売りの車です。

トールは、驚きの広さはもちろん、カラーが多
数あり、好きな色を選べます。

両側パワースライドドアを採用しており、ワン
タッチで楽に乗り降りでき便利です。
また、低床フロアや後席ステッチランプなど子
供やお年寄りに優しい機能がたくさんあります

ダイハツのトールですが、実はトヨタやスバル
にもOEM供給されており、トヨタのルーミーや
タンク、スバルのジャスティは兄弟車にあたり
ます。


【引用:https://matome.response.jp/】

トールには標準グレードの他にカスタムグレー
ドというグレードがあります。

ダイハツ・トール

【引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/】

ダイハツ・トールカスタムGターボ“SA II”

【引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/】

カスタムグレードでは、カスタム専用LEDヘッ
ドランプのほか、メーターやシートなどがカス
タム専用のものになっています。

ダイハツ・トール標準グレードインテリア

【引用:https://matome.response.jp/】

ダイハツ・トールカスタムグレードインテリア

【引用:https://matome.response.jp/】

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】と【ダイハツトール】の大きさの比較!

■シエンタとトール、ボディサイズ比較
※シエンタサイズ
全長:4260mm
全幅:1695mm
全高:1675mm


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

※トールサイズ
全長:3700mm
全幅:1670mm
全高:1735mm

シエンタの全幅は5ナンバーサイズいっぱいま
で広がっています
トールはシエンタよりも狭く全長も短くなって
おり、このためトールは普通車ですが軽自動車
よりも少し大きな車という感じになっています。

■シエンタとトール、外観比較
※シエンタ外観
シエンタの外観はトヨタのコンパクトカーとし
ては凝っており、ヘッドライトやテールランプ
は特徴的なデザインを採用しています。

フロントグリルは大きめですが、良くまとまっ
たデザインとなっています。
ボディカラーは豊富に用意されており、ツート
ンカラーも選べてオーナーのセンスで選ぶこと
ができます。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

※トール外観
カスタムグレードはエクステリアのデザイン、
フロント部分が大きく異なるので同じトールで
も雰囲気が大きく変わります。

ボディカラーも豊富に用意されており、ツート
ンカラーも選べて結構おしゃれに乗りこなすこ
とができます。


【引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/】

■シエンタとトール、室内サイズ比較
※シエンタサイズ
室内長:2535mm
室内幅:1470mm
室内高:1280mm

※搭乗人数・室内空間
室内空間はシックで上質な空間ながらさりげな
い遊び心をきかせた大人の雰囲気です。
ゆったり広々としており、搭乗人数が多くても
それぞれがゆっくりリラックスして過ごせます

フレキシブルな荷室アレンジも可能で、荷物の
量や大きい荷物を積載するときにその力を発揮
します。

また、収納スペースも細かく痒い所に手が届く
ような配置をされているので、運転しながら取
り出したり、助手席・後部座席でくつろぐ際に
は荷物が邪魔になりません。

※シート
荷物の量や人数によってシートアレンジが出来
るのもシエンタの魅力です。
例えば、サードシートを格納し、セカンドシー
トも折りたたむとフラットで広いラゲージスペ
ースができ、26インチのマウンテンバイク2台
をそのまま積み込むことが出来ます。

ゆとりのサードシートは大人がしっかり座るこ
とが出来るベンチ風シートを採用。
そしてヒップポイントを後部座席にいくほど高
くするため、見晴らしの良い視界を確保するシ
アターレイアウトも採用しています。
座面の高さも工夫し自然な姿勢で座れるように
なっています。

また、セカンドシートは左右独立してスライド
とリクライニングが可能なので、飛行機や新幹
線のようにリラックスした体勢で移動が可能で
す。

※ドア・乗降性
シエンタはスムーズな乗り降りが出来るよう様
々な工夫がされています。
まず車内には低床フロアを設置し、小さなお子
様やお年寄り、さらにはペットなども乗り降り
しやすい工夫がされています。

そして、ワンタッチスイッチ付パワースライド
ドアを採用。
これはパワースライドドアにワンタッチで簡単
に開閉できるスイッチを採用し、手荷物などを
抱えているときなど楽に開閉出来て非常に便利
です。

セカンドシート周りには乗降用アシストグリッ
プを設定しているので、老若男女問わず安全に
乗降が可能です。

※ラゲッジスペース
ラゲージスペースはシートアレンジによりさら
に拡大されます。
5:5分割サードシートは簡単な操作で手軽にサ
ードシートを格納でき、これによりラゲージス
ペースを広げることが出来ます。

これにより、大きな物も長い物も載せられる大
容量のラゲージスペースが出来上がります。
十分な高さと横幅があるスクエアな大開口バッ
クドアなので、荷物の積み下ろしも楽に出来
ます。



【引用:https://toyota.jp/sienta/】

※トールサイズ
室内長:2180mm
室内幅:1480mm
室内高:1355mm

室内サイズを比べてみると、トールはシエンタ
よりも小さなボディですが、結構広いことが分
かります。
トールは四角いボディでスペースを最大限有効
に活用していることが分かります。



【引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/】

スポンサーリンク

【トヨタシエンタ】と【ダイハツトール】の燃費の比較!

■シエンタとトール、エンジンと燃費比較
※シエンタのエンジンと燃費
1.5Lのガソリンエンジン
1.5Lのハイブリッド

ガソリン車:2WD、4WD
ハイブリッド:4WD

最高出力:109ps

JC08モード燃費
ガソリン2WD:20.6km/L
4WD:15.4km/L
ハイブリッド:27.2km/L

ハイブリッドシステムは停車時はアイドリング
ストップ、スタート時はモーターで発信、加速
時はモーターとエンジンで力強い走りをし、減
速時にはバッテリーに効率よく充電してくれる
という低燃費と走りやすさに大きく貢献してく
れます。

一方でガソリンエンジンの方もアイドリングス
トップ機能が装備されているので、普段通りに
走るだけで簡単にエコ運転が出来ます。

シエンタには下記の2つの走行モードがあり、
シーンに合わせて選ぶことで、低燃費なエコド
ライブが可能となります。

(1)EVドライブモード
エンジンを停止してモーターのみの静かな走行
が可能なので、早朝や深夜などエンジン音が気
になる時に便利です。

(2)エコドライブモード
アクセル操作に対する駆動力を穏やかにし燃費
優先の走りにさせ燃費性能をより向上させます



【引用:https://toyota.jp/sienta/】

※トールのエンジンと燃費
3気筒・1.0L自然吸気エンジン
3気筒・1.0Lターボエンジン

自然吸気:2WD、4WD
ターボ:2WD

JC08モード燃費
自然吸気2WD:24.6km/L
自然吸気4WD:22.0km/L
ターボエンジン:21.8km/L

これを比べてみると、ボディサイズが大きなシ
エンタはトールよりも意外と低燃費であること
が分かります。



【引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/】

【トヨタシエンタ】と【ダイハツトール】の価格の比較!

■シエンタとトール、価格比較
※シエンタの価格
ガソリンエンジン:約178~217万円
ハイブリッド:約219~253万円

HYBRID G 約230万円
HTBRID X 約220万円
G    約198万円
X    約180万円
X(Vパッケージ)約169万円

※トールの価格
標準:約146万円~191万円
カスタム:約183万円~200万円

「標準」
Gターボ “SA Ⅲ”
(2WD)1,803,600円
特別仕様車 G “リミテッドSA Ⅲ”
(2WD)1,738,800円
(4WD)1,911,600円
G “SA Ⅲ”
(2WD)1,684,800円
(4WD)1,857,600円
X “SA Ⅲ”
(2WD)1,528,200円
(4WD)1,701,000円
X
(2WD)1,463,400円
(4WD)1,636,200円

「カスタム」
カスタムGターボ “SA Ⅲ”
(2WD)1,965,600円
特別仕様車 カスタムG “リミテッドSA Ⅲ”
(2WD)1,884,600円
(4WD)2,008,800円
カスタムG “SA Ⅲ”
(2WD)1,836,000円
(4WD)1,857,600円

トールの中古価格の相場ですが、グレード・状
態にもよるものの、約100万円~240万円
ほどが相場のようです。

トールは自然吸気の2WDは比較的価格が安い
ですが、4WDやターボは意外と高くなってい
ます。

シエンタの方が4気筒で静かですし、少し予算
に余裕があればトールよりもシエンタの方がお
ススメであるという事が言えると思います。


【引用:https://www.daihatsu.co.jp/lineup/thor/】

■シエンタとトール、値引き比較
シエンタは最近マイナーチェンジを行ったので
値引きは厳しく10万円くらいが限度となって
います。

マイナーチェンジ前は20万円くらい値引きし
てくれていたようですが、少しでも安く購入し
たいという方は、新古車が結構出回っています
ので、マイナーチェンジ前のモデルを狙うとい
う方法もあります。

トールは15万円くらい提示してくれるようで
すので、交渉次第では20万円くらいの値引き
は望めそうです。

トールはトヨタのルーミーと同じ車で名前が違
うだけなので、これの購入をに匂わせて交渉す
るのもおススメです。

【交渉テク1】
購入候補の車よりも、安い価格帯のライバル車
と競わせる!

まず購入候補車のライバル車を調べましょう。
ライバル車の選定ポイントは、購入候補車より
も価格帯が若干低い車を選ぶことです。

「車としては購入予定の車の方が魅力的なんで
すが、ライバル車(購入候補車よりも価格帯が
若干低い車)の方が価格的に魅力的なので迷っ
ているんです。」

という値引きの交渉をします。

【交渉テク2】
車メーカーのクレジットカードを使う!

ほとんど知られていない値引きテクとして、車
メーカーのクレジットカードを使うという方法
があります。

実はクレジットカードの売上も、ディーラーの
成績に反映されるので、ディーラーとしてはク
レジットカードを使ってくれるなら、値引きし
てもプラスになるので、大幅値引きが可能にな
ります。

【交渉テク3】
無料一括査定で高額買取をしてもらう!

この中で最も簡単で最も効果が高い方法です。
忘れがちだけど、現在乗っている愛車をそのま
まディーラーに下取りに渡してはいけません。

しっかりと他の買取店などでも見積もりを取っ
て、下取り額を競合させましょう。
ただし、複数ある買取店で下取りを出してもら
うのも、手間で面倒だと思います。

そこでオススメなのが、「ネットの無料一括査
定」です。
この方法ならカンタン3分で、あなたの車を最
高額で売ることができます。

買取査定では、最大で60万円くらいの差がで
ることもあるようです。

高額買取してくれる店の下取り価格が高い理由
は、東南アジアに輸出するため車を確保する必
要があり、そのため、ボロボロの車でも、相場
よりも高く買取ってくれるようです。

まずは車を無料一括査定してみましょう。

買取額は毎日変動するので、すぐにでも査定を
申し込んでみることをオススメします。

あなたも徹底的に値引きして、新しい車を出来
るだけ安く購入することを目指しましょう。

トヨタシエンタ」の購入を検討中の方への
一助になれば幸甚です。


【引用:https://toyota.jp/sienta/】

シエンタが値引き後価格から、
更に50万円安くなる方法とは?

「シエンタは、予算が足りない…」
「値引きで、何とか安く買いたい…」
「ディーラーを回るのは面倒だし…」
「新車をもっとお得に最安値でほしい…」
「ディーラーからの連絡は面倒だし…」

など、トヨタ・シエンタの購入を検討して
いるけど悩んでいませんか?

トヨタは値引きをほとんどして貰えません。

さらにシエンタは、コンパクトミニバンに
おいてトップクラス。
なかなか価格は安くなりそうにありません。

非常に多くのかたが、家族や友人に相談して
もまともに相手もしてもらえず、また聞いて
もらったところで、大した情報がなく欲しい
車に手が届かないと悩んでおられます。

そんな方にオススメの『裏技』をご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを
使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!
ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多いようです。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り
会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、愛車を最高値で売却する
ことができるのです。

一括査定サイトを使えば、悩みを解決する
だけでなく、欲しかった「オプション品」
も追加で装備する費用に充てることも
できそうです。

・LEDランプパッケージ
・パノラミックビュー対応ナビレディパッケージ
・スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ
・スマートエントリーシステム などなど

車を買うとき、下取りに出すと
損をしますよ!!

スポンサードリンク
 





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする